docomo
Cell phones

NTTドコモ、携帯電話用リアルタイム日英翻訳サービスを発表(ビデオ有)

次の記事

モーショントラックで被写体を追うiPhoneドック、Swivl登場―自分の動画撮りに威力

日本最大の携帯電話キャリア、NTT Docomoが、携帯電話向けリアルタイム日英双方向翻訳サービスを開発した。この種のサービスとしては業界初だ。利用者が電話機で何かを話すと、翻訳結果が音声で聞こえてくる。
下のビデオを見てもわかるが、このサービスは負荷の高い作業をクラウドに委ねており、真の「リアルタイム」とはいかないが、かなりそれに近い。NTT Docomoは、通話中でも、対面でもこのサービスを使えると言っている。

同社は音声認識の成功率を、日本語で90%、英語で80%(他言語も近く追加される予定)としている。これは本誌が5月にこのサービスを初めて紹介した時の15~20%と比べて格段の進歩だ。

一般ユーザー400名によるテストが今日から来年3月まで行われる。すべてが計画通り進めば、2012年後半同社ユーザー5600万人に向けて提供開始する予定だ。

実際にサービスを利用している場面のビデオを貼っておく。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)