ついに500ドルの3Dプリンタが登場–クリスマスプレゼントにいかが?

次の記事

ブラウザ上でページの上にユーザが意見感想を書き込めるフィードバックツールWishbox

RepRapをベースとするPrintrbotは、499ドルの、誰でも買える3Dプリンタだ。これは、一般から資金を集めるKickstarterに資金を募ったプロジェクトで、組み立てに要する時間は数時間、いくつかのお値段レベルがある。たとえば199ドルなら、エクストルーダがない。500ドルなら、何もかも全部揃っている。拡張可能で、’印刷物’のサイズは5 x 5 x 5インチから12 x 12 x 12インチまで。

このプロジェクトの目標は、3Dプリンタの大衆的普及だ。作者のBrook DrummVault Multimediaのオーナーで、オープンソースハードウェアのファンだ。資金は、満額集まった。使ってみたい人は、購入する価格レベルや’印刷サイズ’を決めてから、それを子どものクリスマスプレゼントにしてもよいね。あるいは、クリスマスパーティーで使ったら、人気ではChex Mixに勝つか、またはタイだろう。

プロジェクトのページ

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))