2011年ホリデーギフトガイド:家庭で使えるプレゼント編

次の記事

ウィキペディアはわれわれにケンカを売っているのか

giftguide11-bug家庭とは心の拠り所だ。そこに生き、そして死んでいく場所でもある。すなわち家庭向けプレゼントというのは、誰かの人生に直接影響を与えるものでもあるのだ。クリスマスプレゼントに20ドルのコーヒーポットというのは不適切かもしれない。しかしクリスマスプレゼントに送れば、送られた人がつい笑顔になってしまうような素晴らしい家庭用品もある。ここで紹介するのは10ドルから400ドルという価格幅を持つ。誰もがいずれかの商品に興味を持ってくれるのではなかろうか。


Dyson AM04 Hot

Dyson AM04 Hotというのは400ドルのファンヒーターだ(訳注:日本での価格は57,000円)。400ドルというのは確かに高額だ。しかしこの製品はなかなか素晴らしい。私も自分のオフィスに1台導入しているが、ファンヒーターにこんなに感心したことはかつてない。ミシガンの凍て付く地下室をオフィスにしていて、これまでにたくさんの暖房器具を使ってきたのだが、本当にこの製品は素晴らしいのだ。もちろんそうは言っても400ドルはなかなかの大金だ。靴下にちょっと入れておくといったレベルの品物ではない。しかしもし、クリスマスプレゼント予算に余裕があるのなら、血も凍るほどの思いをしている人に対する最高のプレゼントになることは間違いないだろうと思う。AM04は涼風モードで利用することもできる。またリモコンもついてくる。もちろんこんなリモコンが価格の高さを納得させてくれるわけではないけれど、使い勝手はなかなかだ。

Dropcam

これまでにないほど簡単に映像モニタリングを行うことのできる商品だ。説明書と首っ引きになるような商品はプレゼントには不向きだ。しかしこのDropcamではそのような心配もいらない。誰でも簡単に使い始めることができるようになっている。カメラを繋ぐだけで作業はほとんど終わりだ。すぐにビデオがフィードされ、iOSおよびAndroidアプリケーションで閲覧できるようになる。デスクトップアプリケーションで簡単にモニタリングの設定が行なえ、何か動くものがあった時のみ録画するという使い方もできる。また撮影したビデオはシェアすることもできる。199ドル版ではビデオのみを録画し、279ドル版のDropcam Echoでは音声も録音することができる。クリスマス向けのおしゃれな外見をしているわけではないけれど、プレゼントとしてはなかなかのものではないかと思う。

Belkin Conserve Insight

Belkin Conserve Insightというのは、電化製品のプラグとコンセントの間にはさむものだ。ディスプレイにケーブルが繋がっていて、使用電力量および電話料金を表示してくれる。たとえばクリスマスツリーの電飾を、この節約プラグ経由で繋げば、ピカピカ光る電球がいったいいくらについているのかがわかるわけだ。また電気ファンヒーターにつないでガスヒーターとの価格差を調べて見ることもできるだろう。販売価格は30ドルほどで、ガジェットマニアや倹約家には最適のプレゼントとなるだろう。ファイルサーバを24時間休みなしで稼働させるのにいったいいくらかかっているのかも具体的に把握できるようになる。もう少しメカニックなものが欲しければKill-A-Watt by P3 Internationalを考えてみるのも良いだろう。表示される数値の意味が理解できる人に対しては、より有益な情報を提供してくれるデバイスだ。

Tivoli Radio

ときにはただFMラジオの電源を入れて時を過ごしてみたくなったりするものだ。Pandoraで好きな曲を選んだり、RDIOにログインしたりする必要もない。ただラジオのスイッチを入れて、地元ラジオ局を楽しんだりするのも楽しいものだ。ここで紹介しているTivoliはまさにそうした楽しみを享受するための、クラシックなAM/FMラジオだ。製品ラインアップの主力はスピーカーと大きなチューニングダイアルを備えたシンプルなモノラルラジオだ。製品選択に悩んだら149ドルのModel One Radioを選択しておくのが良かろう。他のTivoliシリーズ同様に、いろいろな木製キャビネットの中から好みのものを選ぶことができる。もちろんTivoliが単機能なものしか扱っていないというわけではない。最新製品にはiDeviceのドッキングステーションのようなものもある。あるいはマイクロコンポーネントシステムや、インターネットストリーミングを楽しむための製品もある。

Quirky Thor

雪深い地域に住む友人にプレゼントするなら、雪に対する完璧な備えをするためのものを送っても良いかもしれない。こちらはおもちゃではなく「武器」として機能する。アイススクレーパーとして最強部類の製品だ。長さを調整できるハンドルや、ダブルで搭載されているスクレーパー、および複数用意されている握り部分も使いやすい。神話の中で神々が雪に対処するのに使ったものと同様に強力だ。価格は僅か20ドル。「なんでももっている」ように見える人にも最適なプレゼントかもしれない。なかなかこんな本格的なスクレーパーを持っている人もいないはずだ。

Robot tea infuser

ところで茶葉から紅茶をいれて楽しんでいる方も多いことだろう。味わい深く、茶こしを使っていれるのが便利だ。ここに紹介するのもロボット型の茶こしで、Amazonからわずか10ドルで入手できる。紅茶をちょっと楽しんでいる人にも、本格的に味わっている人にも喜んでもらえるプレゼントになるのではなかろうか。他に適当なプレゼントを思いつかない場合、話の種にもなる面白いプレゼントになると思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)