Facebook、FTCとプライバシー問題で和解―ザッカーバーグ、FTCが「いいね!」を要求しているのに喜ぶ

次の記事

レイ・ブラッドベリ(91)、ついに「華氏451度」の電子化を許可

zuckftc copy

今朝、FacebookはFTC〔連邦取引委員会(日本の公正取引委員会に相当)〕と 和解したことが発表された。FTCはFacebookがユーザーのプライバシーを侵害しているとして是正を求めていた。両者の和解内容は、簡単にいえば、Facebookがプライバシー・ガイドラインを改訂し、担当者の人員を増強し、 またその実効性について隔年に第三者の監査を受けるなど保護措置を大幅に強化することを約束したものとなっている。

FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグは、これまでもユーザーのプライバシーを軽々しく扱ったことは一切ないと強調した。彼は公式コメントで、 「Facebookコミュニティーのプライバシーと信頼を預かることの重みを考えなかった日は一日たりともない」と述べた。

とはいえ、ザックがFTCの発表を読んで社内向けに投稿した記事に400人の社員(PR担当のCaryn Marooneyも含まれる)がレスをつけているのを読むと、けっこう軽々しい調子だ。

実は、皮肉なことに、Facebookとの和解を伝えるFTCの公式発表の末尾には読者に「FTCのFacebookページを『いいね!』してください」という一文が入っていた。

これに対して社員の一人は「こりゃいい宣伝になる!」と書いていた。ソーシャルネットワークへの投稿は、非公開のつもりでもいつどこに公開されてしまうかわからないのだから、発言は慎重に。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+