YouTube InsightがYouTube Analyticsに名前を変えてアクセス分析をより詳細化

次の記事

なぜAsanaはSalesforce最大のライバルなのか―エンタープライズ・クラウドの戦い、いよいよ始まる

analytics-infographic-r3-1500px

YouTubeがそのアクセス分析ツールをアップグレードして、名前をInsightからAnalyticsに変えた。変更は今日(米国時間11/30)から、”すべての現代的なブラウザの上で”有効になる。しかしInsightもまだ使えるから、両者の機能や能力を比較することもできる。

変更は破壊的ではなく、一部の既存の機能は手直しされたり拡張されている。また、新たに導入されたツールは、ユーザが自分のビデオのビューワ(どんな人がどのように見ているのか)を、より詳しく理解するのに役立つだろう。

グラフなどはデザインが一新され、まわりのスペースが増えて見やすくなった。クリックの対象がテキストだけ、というのもなくなった。レイアウトはやや混乱していたが、今回は重要なソーシャルデータ(Like、コメント、購読者の変化など)が前面の中央にある。検索もより分かりやすくなり、詳細情報用のコントロールも見やすい場所に置かれた。

分析結果のレポートが、前よりも詳しくなった。一部のデータマニアしか喜ばないかもしれないが、とにかく悪いことではない。オーディエンスの定着度を見るグラフなんか、とても便利だろう(下図)。

同じ長さのほかのビデオと比較するのは馬鹿げているが(これはInsightにあった定着度ツールだ)、どこで見るのを止(や)めたか、とか、どこに注意力が集中したか、などのデータは確かに便利だ。どーも、イントロが長すぎたようだなぁ、なんてね。みんながおしゃべりを止めて、黙って見入ってしまうようなビデオだったか、なども見当がつく。自分のビデオを、良い方向へ改作するためのヒントが、いろいろ得られるだろう。

詳しい情報やリンクが、YouTubeのブログにある。そしてここにログインすると、新しい分析データのページへ行ける。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))