Kindle Storeの品揃えは100万, 2016年のeBook総売上は100億ドル, スマホで本を読むのは主に日本人

次の記事

Google+のHangoutsビデオチャット内から誰に対しても無料で音声通話がかけられるようになった

ebooks

今朝(米国時間12/1)、イタリア語の本を16000冊とスペイン語の本を22000冊加えたことによって、AmazonのKindle Storeが提供するデジタル書籍の総数がさらに更新された。同社の発表によれば、Kindle Storeが提供する本の総数は、英語とその他の言語を合わせて90万冊を超え、‘eBooks’で検索すると結果は95万以上にもなる。

なお、この数字はeBookだけであり、Kindleに提供される新聞や雑誌やブログなどを合わせると、総数は100万点を超える、と同社のこのページ(‘Massive Selection’の項)が言っている。

タイミング良く、今朝はJuniper Researchが、モバイルのeBookの売上に関するデータ発表した。それによると、2016年には100億ドル近く(97億ドル)に達し、今年に比べ32億ドルの増加となる。

その調査によると、ポータブルなデバイスでeBookの売上が急増するのは、専用eリーダーの普及や、スマートフォンとタブレットコンピュータの増加、ネット書店(AppleのiBookstore、AmazonのKindle Storeなど)の台頭など、複数の要因によるものである。

Juniper Researchによれば、タブレットの需要がとくに増えているので、2016年にはダウンロードされるeBookの30%近くがタブレットからになる、という。

さらに同社によれば、スマートフォンは日本以外では主流のeリーダーにはならないそうだ。日本だけ例外なのは、同国における漫画人気の所以だ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))