BIRTHDAY CLAPPERは誕生日にカタログギフトを贈れるFacebookアプリ

次の記事

Facebook新本社の番地は「1 Hacker Way」

先週はFacebook上の友人に誕生日に花を贈るソーシャルギフトサービスのお花サプライズを紹介した。そして今日、新たに誕生日にギフトを贈れるサービスが立ち上がった。インターネット広告事業のセプテーニが立ち上げるBIRTHDAY CLAPPERがそれであるが、専用のサイトでのサービスではなくて、Facebookアプリとして提供されている。

BIRTHDAY CLAPPERでは、なにか決まった商品を相手に贈るのではなくて、ギフトを贈られる側が、7つのジャンルの集まった金額によって分けられたコースの商品郡の中からほしい商品を選ぶという方式をとっている。いわばカタログギフトのようなものである。集まった金額では希望の商品がもらえないということであれば、ギフトを贈られる側で、その金額になるようにお金を足してもいい。商品はラッピングされて自宅まで郵送される。

ギフトを贈る側は1口500円でビッドすることになり、一人当たり最高で10口(5,000円)までビッドできるようになっている。商品は2,500円から5万円までのものが用意されている。5口でギフトを贈る誕生日イベントが成立することになるが、もしそれを下回る場合はこのイベントは成立しない。

BIRTHDAY CLAPPERで扱われる商品は独自のマーチャンダイジングによって仕入れている。したがって、外部のECとの連携ではないので、価格が割高にはなっていない。このあたりはTechCrrunch Tokyoのスタートアップバトルに出てくれたミナオメとは異なっている。もちろん非常に安い価格で提供しているわけではないが、送料込みで考えると、ほかのECと同等の価格でギフトを提供できているのではないかとセプテーニでは語っている。

Facebookでは誕生日にバーチャルグッズを贈りあう文化があることから、こういったECでのビジネスは比較的発想としてわかりやすい。実際にキャッシュ・フローも生み出すため、ビジネスにしやすいのだろう。この先もまだこの手のサービスは出てきそうだ。