ニュース
Google / グーグル(企業)

会長Eric Schmidt曰く: Googleは一週間に一社買収している

次の記事

教育のネット化は完全に個人化された適応学習が主流に–算数の落ちこぼれをなくすDreamBox

Eric Schmidt

Googleの会長Eric Schmidtが、今日(米国時間12/7)のLe Webカンファレンスのステージに立ち、Androidや、同社の今後の拡張戦略などについて話した。なぜGoogleはフランスの企業を買収しなかったのかと問われたSchmidtは、今のGoogleは平均して一日に一社買収している、とジョークっぽく言った。

本当に一日に一社なら、Googleがいくら大金持ちでも、すごい数だ。そこで、本誌の大胆不敵なライターAlexia Tsotsisが、楽屋に駆け込んでSchmidtに確認を求めた。そのときの彼は、実際には一週間に一社のペースだ、と答えた。”でも、ほとんど発表しませんね”、と彼女が問うと、Schmidt曰く、”その必要もないからね”、だとさ。

でも10月の発表によると、今年のGoogleは14億ドルを投じて57社を買収した。つまり、52週で57社だから、だいたい合ってる。今年のGoogleは、買収に積極的で、とくにモバイル、ソーシャル、そして検索方面が多かった。2012年もこのペースだろうか、それとも落ち着くのかな。

ジョークはさておき、Googleの保有現金は430億ドルだから、明らかに同社は、ギヤをもう一段上げて一日に一社買うことだって可能だ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))