Google Currents:GoogleのFlipboard対抗品

次の記事

Facebook、外部ウェブサイトのフィード購読を友達に通知 ― Twitterに一歩先行

Googleが、かねてから噂のFlipboard対抗、Google Currentsを公開した。iOS版とAndroid版の両方 ― 電話、タブレット共サポートされている ― がありここでダウンロードできる。ただし、米国にいる人だけ(海外読者のみなさんは残念)。

Currentsのコンセプトはシンプル。すっきりしていてタッチ向けの、お気に入りのブログやニュースサイトをスマートフォンやタブレットで見る手段。そして、他のGoogleアプリと比べてずっと見映えがよい。

アプリをインストールすると、500px、The Daily Beastなどあらかじめ設定されたニュースサイトのアイコンが並んでいる。Currentsはこれらのサイトの最新記事をすぐにダウンロードし始め、他のニュースソースをライブラリーに追加するようユーザーに促す(もしお好みにあえばTechCrunchもどうぞ ― 本誌は初期パートナー)。

十分大きい画面(つまりタブレット)を使っている人には、大きな写真のバナーが表示され、アプリに雑誌の雰囲気を醸しだす。コンテンツはライブラリーとTrendingという2つのメインセクションに分かれている。前者にはユーザーがフォローすることを選んだニュースサイトのコンテンツが表示される。前もってダウンロードされるのでオフラインでも読むことができる。

Trendingのタブにはウェブ上のさまざまなソースから集められた最もホットな記事が、カテゴリー別に表示される。デフォルトのセクションは単に「トップ・ストーリー」と名付けられているが、テクノロジー、ビジネス、ワールドニュースなどのトピック別のリストを追加できる。

CurrentsはFlipboardのライバルと言われてきたが ― そして、お気に入りサイトをブラウズする魅力的な方法を提供してくれる、という意味ではその通りだが ― この初期バージョンには、Twitter、Facebookといったソーシャルネットワークとの統合が殆どない。Flipboardの屋代骨ともいえる機能だ。現在Currentsでは、インストール済みのあらゆるソーシャルアプリと〈シェア〉できる(他の殆どのAndroidアプリと同様に)。しかし、TwitterやFacebookで友達がシェアした記事を、Currentsの中で見ることはできない。別の言い方をすれば、あまりソーシャルとは言えない。

とはいえ、Googleは今後ソーシャル機能を増やしていく計画だと言っているので、いずれは入ってくるだろう。もちろん、Googleが今回のリリースで省いた理由は、人々をGoogle+に送り込むことの方に関心があるからだ。

以下に私のファーストインプレッションを書いた(もっと使い込んでから追加する予定)。

  • これまでにNexus One、Galaxy Nexus、Galaxy Tab 10.1の3機種で試してみた。このアプリはタブレットで威力を発揮し、Galaxy Nexusでいい感じだ。Nexus Oneではかなりお粗末で、特にアプリが他の記事をバックグラウンドでダウンロードしている時にコンテンツを見ようとした時がひどい。
  • ライブラリーに登録済みのコンテンツを読むのは快適な体験だ。記事は左から右にめくって読んでいける(最後のページからは次の記事に飛ぶ)。メニューアイコンを押すと、同じサイトの最新記事のヘッドラインと抜粋が表示される。私は定常的にこれを使うことに決めた、特にFlipboardがまだないAndroid機では。広告がないことも嬉しい。
  • Trendingセクションの方は同じく快適とはいかない。トピックをタップすると、さまざまなソースの関連記事が現れる。どれかをタップすると記事の抜粋が見られる ― が、全文は読めない。要するに、これらのサイトの多くがまだCurrentsのパートナーではないため、Googleは単純に全コンテンツを引っぱってくることができない。このためアプリ本来のUIで読む代わりに「オリジナル記事を読む」ボタンをタップしなければならない。すると記事がブラウザー画面で開かれ、テキスト全文(+広告)をウェブで見るのと同じように読むことができる。Googleにはこれに関して他の選択肢はないのだが、実際興醒めだ。特にライブラリーの記事と異なり、これらの記事は事前ダウンロードされていないため、表示されるまで一息つかなければならない。
  • Googleはパブリッシャーがアプリを通じて有料コンテンツを販売することを許可しているが、今は見つけることはできなかった。
  • Currentsにはビジュアルな飾り(ページめくりアニメーション等)はFlipboardほど多くない。必ずしもこれは悪いことではない。私はむしろCurrentsの方が扱いやすく、電話版Currentsを最近出たばかりのiPhone版Flipboardと比べると、特にそう感じる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)