100億ダウンロードを達成したAndroid Market。関連情報をまとめたインフォグラフィックも登場

次の記事

これは決定的に便利かも―Google+がついにGmailに統合、連絡先が自動アップデートされる

android-market-statsGoogleは10ビリオンダウンロード達成を記念して、素晴らしいアプリケーションの日替わり割引販売を行なっているところだ。ただ、当然あるべきものが欠けていた。と、いうのはインフォグラフィックだ。しかしそこはもちろんGoogle。AndroidマーケットやAndroid利用者の情報をうまくまとめこんだインフォグラフィックを発表してくれた。

たとえば。アメリカ国内において、Androidは最も利用されているスマートフォンOSではある。しかしアプリケーションのダウンロード数で見ると、アメリカはなんと4位に過ぎないのだ。韓国が1位、それに香港、台湾が続いている。

あるいは多くの人がダウンロードを行う時間というのも掲載されている。日曜日の午後9時がどうやらダウンロードの人気時間であるようだ。これには納得する人も多いだろう。新しいアプリケーションを手に入れて、仕事中の退屈を紛らわす準備をするのに最適な時間というわけだ。また最もダウンロードされているのはゲームジャンルであり、どうやらAndroid利用者の間ではスポーツジャンルの人気が低いようだというようなことも掲載されている。

見れば見るほどさまざまな情報が見つかって興味深いインフォグラフィックとなっている。たとえばSwiftKeyを使って人々が何文字分のキーストロークを節約しているかなどという情報も掲載されている。ぜひご覧になることをおすすめする。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)