Facebookページ
App.net

Evernoteも使っているApp.netがモバイル・デベロッパーに魅力的なFacebookページを作ってくれる

次の記事

iPadでクラウド上のファイルや添付書類を一元管理するFileboard

fbshot

読者の多くはApp.netを自分で使ったことがないにせよ、このサービスを利用しているサイトを見たことがあるはずだ。App.netはモバイル・アプリのデベロッパーが魅力的で情報豊富なトップページを簡単に作れるようにする。つまり、ウェブでのプロモーションとSEOのサービスだ。

モバイル・アプリのデベロッパーは多くの場合、App StoreやAndroid Marketでのランキングに眼の色を変えるくせに、ウェブサイトの作り込みにあまり関心を払わない。App.netを使ったページがどう見えるか、論より証拠、EvernoteのApp.netページを見てみよう

今日(米国時間12/13)、App.netはプロダクトに新しい機能を加えた。モバイル・デベロッパーのFacebookページ向けに同様のサービスの提供を開始した。CEOのDalton Caldwellは「有力なモバイル・アプリ・デベロッパーでさえ、Facebookページをプロモーションに有効に活用できていない場合が多い。」と指摘する。

App.netのFacebookアプリのコンセプトは単純だ。 デベロッパーは開発したアプリのスクリーンショットを回転木馬式のスライドショーで見せることができる。またページの下部にはユーザーが自分の携帯にダウンロード・リンクを直接送信できるボタンが設置されている。これ以外にもいくつかのオプションがある(下のスクリーンショット参照)。この中にはリンク・ゲート(つまりFacebookのページで詳細を見るためにはまず「いいね!」しなければならないようにする)機能などが含まれる。「いいね!」ゲートは、ユーザーにとっては少々余計な手間になるものの、ブランド(この場合はアプリのデベロッパー)にとってはユーザー長期にわたるコミュンケーションが取れるチャンネルを確保できるかっこうの手段だ。

ローンチ時点でのクライアントにはBillboardThe MuppetsVevoMyPadなどのアプリが含まれる。

CaldwellによればApp.netが新機能に対して追加料金を請求することはない。新機能は現行料金内で提供される。App.netには機能が制限される無料版と、月額12ドルから始まるプリミあむ版が用意されている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+