pens
loog
gift guide 2011

今年のクリスマス, 心癒されるローテクギフトはいかが?

次の記事

Androidデベロッパにベタープラクティスを教えるための“Android Training”をGoogleがロンチ

2011-gift-guide-6-hot-pc-accessories-to-keep-you-and-yours-warm-this-holiday

誰もがGoogle Nexusを欲しいわけではない。身の回りにテク製品のない、プレーンな環境が好きな人もいる。たしかに、静かな森の中の一軒家で、瞑想にふけるのもいいね。ここでは、そんな友だちのためのクリスマスギフトを選んでみた。

手斧とか、本格的なアウトドア用品は、ここにはない。でも、テクノロジで充満した生活の中に、こんな過去への小道が一本二本あるのも、悪くないだろう。


Field Notesの手帳 – お値段はいろいろ。そのテク嫌いのお友だちも、スマートフォンは持っているだろう(彼/彼女はネアンデルタール人じゃなくて、ときどき気分を変えたいだけだから)。でもきっと、スマートフォンよりもField Notes社の手帳を持ちたいときはあるね。かっこいいし、頑丈だし、軍用のモレスキンにも似ている。これを持つと、国立公園をパトロールしているレンジャーになった気分になれるよ。色も形も、いろいろある。古き良き時代の郷愁が、にじみ出ているような製品だね。

Brooklyn Brew Shopのビール製造キット – 40ドル。家庭用のビール醸造キットとしては、ぼくは長年、Mr. Beerを人に薦めてきたが、でも経験則としては、ビールの味を決めるのは器具ではなく原料だ。鉄則は、良い原料を使うこと。Brooklyn Brew Shopの製品は、シンプルなカーボイ(醸造用大型ガラス瓶)と穀物とホップのセットだ。説明書は、とても分かりやすいから、作るのが楽しいし、完成品は美味だ。

Faber-Castellの万年筆Ambition Coconut 165ドル。良いペンは良い靴下のように、体と心になじむ。でもこのペンは、はんぱじゃないよ。軸がココナツの殻製だから、丈夫だし、使えば使うほど味が出てくる。頑丈で、姿も良い。あなたのお友だちが、長い長いテクノロジ批判記事を書くのに、最適だね。

Forbidden Island – 14ドルのボードゲーム。友だちが集まって、自家製のビールがあって、こんなおもしろいボードゲームがあれば、Xboxは要らないね。このゲームは最大4人で遊べて、不思議な島で宝探しをする。ぼくの友だちも以前言ったように、”ワインとボードゲーム”がパーティーを盛り上げるための必須アイテムだ。

Loogギター – 215ドル。ダルシマーで”I Gave My Love A Cherry”に挑戦するのもいいけど、3弦のLoogでRadioheadはどう? 子ども用の小型ギターだけど、大人も楽しめる。簡単なバレーチューニングだから誰でも弾けるし、しかも、意外に音は大きい。

なお、もっとほかのギフトを探している人は、本誌の2011年ホリデーギフトガイドを見ておくれ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))