ニュース
Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)

fPrivacyはFacebookアプリのパーミッションをコントロールするChromeプラグイン

次の記事

画像中の言葉を翻訳するWord Lensがフランス語にも対応

fprivacy

fPrivacyは、ストーカーくさいFacebookアプリのパーミッション…”Post to my wall”(私のウォールに投稿して)、”Access profile info”(プロフィール情報を見て)など…を見つけて、まとめてオプトアウトするChromeプラグインだ。

Chad Selphがこれを作った理由は、かなり前から、がつがつしたFacebookアプリが多くなっているからだ。イチかバチか、まるで釣り堀の釣り餌のようなパーミッションが。

fPrivacyでは、どんなパーミッションを許すか、それともブロックするかを、ユーザが設定できる。でも、このエクステンションのいちばんすてきなところは、私が Selphのために、名前とロゴを考えてあげたことだ。そう思わない?

Selphはこうも言った: “githubの誰かにDefangbookという名前をすすめられた。これは、ロゴにfang(s)(牙)の絵を使えるからいいな、と思ったよ。でも、ちょっと臭い名前かもね。fPrivacyには、82%納得しているよ”。

私は、100%納得しているわよ、Chad。. fPrivacyという名前なら、社長も文句言わないし、いかがわしいFacebookアプリにはノーと言っても、Biotrend Horoscopeなんかは、どんなにいかがわしくても、読みたいでしょう?

この記事は、短すぎるわね。みなさまの聡明なるコメントで、助けてくださりませ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))