過去ツイートをGoogleカレンダーに表示するTwistory、バージョンをあげて安定性を強化

次の記事

fPrivacyはFacebookアプリのパーミッションをコントロールするChromeプラグイン

twistTwistoryは、利用しているメジャーカレンダーアプリケーションにツイート記録を保存するサービスを展開している。このTwistoryが、ようやくメジャーなウェブ版カレンダーアプリケーションのGoogleカレンダーについて、フルサポートをアナウンスした。

利用しているTwitterアカウントを使ってTwistoryの利用登録を行うと、ツイートした内容が自動的にGoogleカレンダーにも掲載されるようになる。これまでもGoogleカレンダー対応をうたってはいたが、実のところ少々不安定な状況だった。しかしようやくこの不安定さが消えて、安定版として提供できるようになったとのことだ。

ちなみにTwistoryは無料で利用できる。無料版では過去一ヶ月分のツイートがカレンダーに表示される。

Twistoryでは有料版も用意していて、こちらはTwistory Pro(月間1ドル)と名前がついている。こちらを使えば過去のツイートが全てカレンダーに表示されるようになる(現在のところは過去3,200ツイートまでしか表示されない)。そしてこの有料版では過去のツイートをCSVにエクスポートすることもできるようになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)