Androidアプリが収入を得る方法を提供するStartApp, 利用アプリのダウンロード数が1000万回に

次の記事

電池+モーターで動く自走靴spnKiXがKickstarterで資金募集中

startapp-short-cut-11

Androidアプリケーションを収益化するサービスStartAppが、今や450あまりのアプリケーションにインストールされた、と同社が発表した。

StartAppの9月のロンチを、おぼえておられる方も、いるかもしれない。これをアプリがインストールすると、ユーザのホーム画面に検索(“search”)アイコンが置かれ、検索をしたくてそのアイコンをタップすると、ユーザがあらかじめ指定していたGoogleなどでなく、StartAppのポータルに行く。するとアプリのデベロッパは、検索広告の収入の一部をStartAppと分有することになる。

なんか変な仕組みだけど、一応うまくいってるようだ。StartAppをインストールしたアプリはこれまでに1000万回ダウンロードされ、ロンチから4か月でデベロッパには20万ドルが支払われた。

下図のように、その間StartAppのダウンロード数は右肩上がりで増加している。今では、一日のダウンロード数が30万に達している。

デベロッパへの支払いは前払いで、ダウンロード数1000につき10〜50ドルをもらう(場所によって異なる)。前払いでなく、ユーザの今後の実利用ベースで支払いを得ることもできる。

StartAppのCEO Gil Dudkiewiczによると、”パートナーからのフィードバックはとても肯定的だ。彼らの多くが、自分のアプリからの収入を大きく増やしている”。

しかし、それらのアプリのユーザは、何と言うだろう。

Dudkiewiczによれば、デベロッパに20万ドルを払った時点で、アプリからの収入が10倍になったデベロッパもいるという。

StartAppは順調なようだが、こんなやり方が、デベロッパがモバイルで稼ぐための方法だと言うのなら、デベロッパが依然としてiOSに群がるのも当然だ。

StartAppはCedar Fundが投資しているイスラエルの会社で、創業者はGil DudkiewiczとRan Avidanだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))