Android携帯の新規登録は毎日70万台、総計2億5000万台に近づく

次の記事

ソーシャル・ショッピング掲示板のPinterestの成長は驚異的―6ヶ月でトラフィックが40倍に

Android activations

Androidははますます高みに登りつつある。Andy Rubinが昨夜(米国時間12/21) ツイートしていたが、現在、1日当たり70万台がアクティベーションされているという。去る6月には1日当たり50万台だった。上に載せたグラフを見ればこの3年間でAndroidの成長の加速がいかに強烈かはっきりわかるだろう。グラフはAsymcoのHorace Dediuの制作。

Dediuの推計では、これまでにアクティベートされたAndroidデバイスの総計は2億2400万台から2億5300万台の間だという。これと比較して、10月にAppleはiOSデバイスの累計販売数が2億5000万台に達したと発表している。ただしこの数字にはiPodとiPadが含まれている。

iPhoneだけをみれば、Appleの1日あたり販売台数は、前四半期に1700万台売れたという数字を元に計算すれば約19万台だ。しかしこの数字には発売後の3日間、毎日130万台が売れたiPhone 4Sが入っていない。 Appleの次回の四半期報告までiPhone全体での正確な販売台数は分からないが、1日当たり70万台に達してはいないと思われる。

AppleとAndroidはこれまでもずっと巨大な数字を発表してはシーソーゲームを続けてきた。 Appleは好んでiOS全体での数字(iPodとiPadを含む)を使ってきたが、これはiOSアプリのデベロッパーを意識してのことだ。この数字が大きければ大きいほど市場も大きい。もちろんOSの市場性には分断化なども大きな要素となる。分断化か進めばそのプラットフォームで収益を上げるのがそれだけ難しくなる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+