Casio、間もなくスマートフォンと繋がるG-SHOCKを発売。着信やメール、SMSの受信を通知

次の記事

グラフ:GoogleとAppleはスマートフォン戦争をこう勝った

g-shock日本のカシオが、3月16日にG-SHOCK GB-6900の発売を予定している。対応している腕時計とBluetooth LE(LEとはLow Energyのことで、Bluetooth 4.0にて実装されている規格)で接続する。対応スマートフォン等についてはカシオのサイトを参照して欲しい。

カシオによれば、このG-SHOCKはスマートフォンとの間で時刻を同期することができ、また電話着信、メール受信、SMS受信をディスプレイに表示することができる。また時計のボタンを押すことでスマートフォンをマナーモードにしたり、あるいはアラームのセットを行うこともできるとのことだ。

スマートフォンと連動する時計というのは以前から存在している。このG-SHOCKが新しいのはBluetooth LEを採用している点だ(実際のところBluetooth 4.0を採用するのは、本機種が最初ということになる)。Bluetooth LEは、従来のBluetoothと比較して電力消費がかなりおさえられている。カシオ曰く、G-SHOCK GB-6900について言えば、これまでと同じCR2032ボタン電池を用いて、2年間は電池がもつようになっているとのことだ。

ちなみにこの腕時計だが、従来は昨年12月のうちに発売される予定となっていた。しかしタイを襲った大洪水のせいで生産が間に合わず、リリース予定を3月16日とせざるを得なくなっていた。価格の方は18,000円(米ドルでは231ドル程度)ということになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)