ニュース
kitty twitty
hacks

職場にいても愛猫のことが心配な人, 猫にツイートさせる猫用おもちゃはどう?

次の記事

Codecademyの好調続く–今度はメールを利用するプログラミング学習Code Yearを立ち上げ

KittyTwitty

あなたは猫が好きよね。たとえあなたが”犬型人間”であっても、あるいは動物の毛アレルギーであっても、あなたは秘かに猫が好きですよ。なんでそれが分かるかって? そう、今あなたはTechCrunchを読んでるでしょう。だからあなたはインターネットに多少なりとも関心がある。そういう人はほとんど例外なく、猫狂い、または猫馬鹿人間なのよ。

そしてあなたが、ネットやコンピュータを毎日ハックするだけでなく、毎日実物の猫のお世話もしている人なら、ここに、すばらしいおすすめの品物がある。それはKitty Twittyという名前で、発明者のMark de Vinckによると、奥さんが大の猫好きで、職場にいても家に置いてきた猫のことが気になってしょうがない。自宅でハッキングに精を出しているMarkは、奥さんの言うとおり30分おきに猫の様子をアップデートするなんてできない。そこで彼は、自分をそのたいへんな重労働から解放するための工夫を思いついた。できあがったものは、小さな木製の猫用おもちゃで、猫がそれで遊び始めると奥さんにツイートが送られる。

VinckはArduinoを利用して、Twitterにメッセージを送る回路基板をその木製のおもちゃに組み込んだ。写真でお分かりのように、猫がそれで遊びたくなるようなデザインだ。Markによると、センサーを猫用食器や猫のベッドにも付ければ、どんな猫べったり人間でも満足する製品になる。もちろん、犬の好きなものに付ければ、犬からのツイートを受け取れる。

Kitty Twittyの詳しい組み立て方は、ここにある。結果を、コメントで教えていただけると、嬉しいのだけど。

〔原文コメントより: 類似製品。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))