オムロン、外国語のメニューや掲示、標識をリアルタイム翻訳する携帯アプリを発表

次の記事

Yahoo、新CEO、Scott Thompsonが就任―ただし株価は2%ダウン

omron

外国に行ったときに街頭の標識や掲示板、レストランのメニューなどの意味がすぐに分かったらいいと考えたことがあるだろう。スマートフォンさえ持っていればそれが可能になるらしい。

日本のエレクトロニクス企業、オムロンはリアルタイムでそうした短いテキストを相互に翻訳するスマートフォン向けアプリの開発に成功したと発表した。アプリを起動してスマホのカメラを対象にかざすだけで即座に翻訳が行われる。

オムロンによれば、このアプリ(まだリリースされていない)は現在英語、日本語、韓国語、中国語に対応している。翻訳はモニタに表示された原文の上にスーパーインポーズされる(写真の例では韓国語のメニューの3品が黄色い文字の日本語に翻訳されている)。

ユーザーは翻訳のためにいちいち写真を撮る必要はない。刻々とカメラに写るライブ画像に対してリアルタイムで翻訳が行われる。オムロンではこのアプリは照明や撮影角度などの条件が悪くても作動するとしている。

日本の有力経済誌日経新聞は、このアプリは2012年に発売される各種スマートフォンにプレインストールされて出荷されることになるだろうと述べている。

Word Lens(iOS向けアプリ)も似たような機能を備えている。しかし実は日本企業は何年も前からこうしたモバイル翻訳アプリの開発に取り組んできた。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+