ニュース

Wikipedia、海賊行為防止法案に抗議して1月18日のサービスを停止

次の記事

教えるのは教師かアルゴリズムか?–教育の高度コンピュータ化はますます人間的な人間教師を必要とする

WikipediaのJimmy Walesは、現在検討中の2件の憎むべきインターネット検閲法案に関して、米国政府に「強いメッセージ」を送りたいと考えた。そして、短い議論を経て、世界のエンサイクロペディアはまさにそれを実行しようとしている。

Wikipediaのファウンダーは今日Twitterで、1月18日水曜日深夜零時から、世界中の英語バージョンのWikipediaを24時間にわたってブラックアウト(サービス停止)させ、SOPA、PIPA両法案に抗議すると発表した。この決断によってWikipediaは、両法案への問題提起のために1日間運用を停止する多数のウェブサイトや企業と行動を共にすることになる。

個人情報侵害と海賊行為を抑制する目的の(想像力豊かにネーミングされた) Stop Online Piracy Act[SOPA:オンライン海賊行為防止法案]とPROTECT IP Act[PIPA:知的所有権保護法案]は、違反容疑者に対するその焦土作戦的アプローチに対して非難が集中している。海賊版コンテンツを提供しているウェブサイトは、使われているサービスと共に、検索エンジンおよび、DNSサーバーから排除されることによって、米国のインターネットユーザーから隠蔽されるおそれがある。

18日にWikipediaは、その膨大な英語情報を公開する代わりに、ランディングページに抗議の言葉を集め、読者にこの問題への関心を喚起する。新しいランディングページはまだ決まっていないようだが、プロトタイプの一つを上に貼ってある。

このニュースに先立って、この大きな行動の詳細に関する遠大な議論があった ― 参加すること自体の是非、どのバージョンのサイトを含めるか、そして実際どうブラックアウトを行うかなどが、コミュニティー全体で検討された。最終的に、完全なブラックアウトが彼らの不快感を総意として世に示す正当な手段であるという合意に達した。コミュニティー内の他サイトがどうこのイベントを扱うかに関して公式見解は出ていないが、Walesによると、ドイツ語版サイトがこれを支持してバナーを掲載する。

一方、一部のSOPA支持者たちは、同法案に対する大きく広がった反発に対して、すでに反応を見せ始めている。 Ars Technicaによると、Lamar Smith議員(共和党、テキサス州)は、「全国の業界グループ」の助言に従ってDNSブロック条項を取り下げる。さらにホワイトハウスは、SOPAおよびPIPAに関する2つの嘆願に対してホワイトハウスのブログで回答しており、「表現の自由を狭め、サイバーセキュリティーのリスクを高め、あるいは世界の活力ある革新的なインターネットを弱体化させる法案を支持しない。」と表明している。

WalesはTwitterで、SOPAは「骨抜き」にされたが、これに相当する上院法案はまだ明確に生き延びていて非常に危険だと言っている。上院多数党院内総務のHarry Reidは最近テレビ番組Meet The Pressに出演し、たとえ「何らかの問題を生む」としてもSOPAを支持し続けると語った。

このイベントは、二つの重要法案への関心を高めることを目的としているが、Walesは、宿題をする学生たちに向かって思慮深いアドバイスを送っている。

Jimmy Wales @jimmy_wales
Student warning! Do your homework early. Wikipedia protesting bad law on Wednesday!

学生諸君に警告! 宿題は早めに済ますように。Wikipediaは水曜日、悪法に抗議する。

[原文へ]
(翻訳:Nob Takahashi)