日産自動車、世界初の自己修復型iPhoneケースを発表

次の記事

CliqSearch、84万ドルを調達してソーシャル検索アプリケーションのベータ提供を開始

scratch shield feat

日産自動車からiPhoneケース? 世界的自動車メーカーが普通のケースを作ったんでは意味ないことはもちろんだ。事実、今回欧州日産が発表したニッサン・スクラッチ・シールドiPhoneケースは驚異的だ。日産によると、このケースは世界初の自己修復型だという。つまり細かいスリ傷などがついても、自然に回復してしまうのだ。

日産によると、このケースは自動車の塗装の上塗り用に軽量ABSプラスティックをベースに開発された自己修復性新素材を利用している。スクラッチ・シールド塗装は2005年からさまざまな日産の自動車に利用されてきた。日産は東京大学と東京のアドバンストソフトマテリアアルズ と協力してこのケースを開発した。

日産では次のように説明している。

表面に用いられているコーティング材はポリロタキサン製で、微細な傷がついた場合、元の状態を復元しようとする力が働く化学構造を有している。この力によって隙間が埋められ、傷が修復される。

日産ではこのiPhoneケースのプロトタイプを多数のジャーナリストや一部ユーザーに配布した。今年後半に商品化される可能性もある。NTT Docomoは NEC N-03Bというフィーチャーフォンにスクラッチ・シールドを採用している(日本市場のみ)。

Via Penn Olson

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+