YBUY、購入前に無料で製品を試用する会員制サービスの提供を開始

次の記事

マーク・ザッカーバーグ、FacebookでSOPAへの反対を呼びかける(Twitterアカウントも突然思い出した)

ybuy-logoガジェット好きの方々に朗報だ。「買う前に試してみる」ことのできる登録制サービスのYBUYが、75万ドルの資金を調達して、ついに公開ベータ段階を抜けて一般公開を果たしたのだ。サービスのコンセプトはシンプルながらガジェットファンの人気を集めるに違いない。すなわち月額わずか24ドル95セントで、最新家電製品、キッチン用品や日用品などを購入に先立って30日間試用することができるようになるのだ。購入しないならば、そのまま製品を返却することができる。

サービス提供開始にあわせ、YBUYではiPad 2、Dysonヒーター、Jawboneヘッドセット、iRobotのルンバなどの製品を取り揃えている。

こうした製品は、送料などなしに利用者に届けられる。また購入しない際にYBUYに送り返す料金も無料で、返却用ラベルも最初に送られてくる。例外的に、たとえばiPad 2のように「これなしではいられない」というものを見つけたなら、事前に支払っている24ドル95セントを引いた価格でアイテムを購入することができるようになっている。

尚、YBUYによれば、サイトからの購入を増やすために、一般的な小売価格よりディスカウントした価格での提供を行なっていきたいとのこと。ただ、ディスカウントされている製品は、多くはない様子だ。たとえばiPad 2は499ドル99セントで提供されており、JawboneのJamboxの価格は199ドル99セントとなっている。これは平均的な市場価格となっている。CEOのStephen Svajianによると「製造者が改良した製品をマーケティングやセールスのための費用をかけることなく、簡単に提供することのできる販路を生み出しているのです」とのこと。別の言い方をすれば、常に安価で製品を取り扱っていくつもりはないということになるのだろう。

カリフォルニア州マンハッタンビーチに拠点をおくYBUYは、他にも多くのサービスを起業しているアントレプレナーであるStephen SvajianおよびCraton Equity Partnersのマネージングパートナー兼Live EarthのCEOなどを務めるKevin Wallによって立ち上げられたサービスだ。シードファンドとして確保した75万ドルの資金は、創業者自ら及びエンジェルが出資したものだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)