ニュース

Googleの2012年モバイル広告収益は58億ドルへと急増する(Cowen調べ)

次の記事

この本を盗め!

Googleはモバイル広告でいくら稼いでいるのだろうか。Cowenのアナリスト、Jim Friedlandは、Googleがスマートフォン(およびタブレット)各1台から年間7ドル生み出すと推定する。これにはAndroidおよびiOS(iPhoneとiPad)両モバイルアプリのー検索およびディスプレイ広告が含まれている。全世界のスマートモバイル機器のアクティブ台数は、昨年の推定5.09億台から2012年には9.14億台へと急成長する見込みで、Googleの広告収益は昨年の推定25億ドルから2012年には2倍以上の58億ドルになると推測される。

Googleの総収益に占める割合に関してFriedlandは、モバイルは2010年の3%から昨年7%に増えており、2012年には再び倍増して13%になると推測している。2016年までにモバイルは200億ドルのビジネスとなり、Googleの総収益の26%を占めると同氏は予想している。

Googleは通常、モバイルの収益を公開しないため、われわれは推測値に頼るしかない。Friedmanのモデルはこうだ。まず、スマートフォンとタブレットの総アクティブ台数を推定し、Googleの推定浸透率による割引きを適用し、そこからモデルを作る。Friedlandの数字は同社内外のデータと矛盾しない。昨年10月、CEO Larry Pageは、Googleのモバイル収益を年間換算25億ドルであると公表した。Friedlandが2011年の推測値としたのはこれだ。このためFriedlandの数字はやや強気と言えるが、大きくは外れていない。

先週行われたGoogleの最新収支報告で、Pageは全ディスプレイ広告(モバイルを含む)の収益が年間換算50億ドルになったことを明かした。果たして今年末までにFriedlandが言うように、モバイルだけで50億ドルを達成できるのだろうか。それは今年どれだけスマートフォンとタブレットが売れるかによる。

もし実際に、スマートモバイル機器のアクティブ台数が5.09億台から9.14億台に増えるとすれば、それは膨大な増加でありモバイル広告収益を飛躍的に押し上げる可能性がある。Googleが1台ごとに稼ぐ金額が増えればなおさらだ。Friedlandは、今年Googleはスマートフォンユーザー1人当たり、1ドル増しの8ドルの収益を上げるとみている。ちなみにGoogleは、既に年間約30ドルをデスクトップコンピューターから稼ぎ出している。Oracleは、GoogleがAndroid端末から14ドルを得ていると主張しているが、これは訴訟で使われている数値なので誇張されている可能性がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)