ミクシィとDeNAが提携してmixi内にソーシャルコマースサービスを3月に立ち上げる

次の記事

インキュベイトファンドがインキュベイトキャンプ後の投資採択チームを発表。3月には第三弾を実施

ミクシィとDeNAとのソーシャルコマースでの取り組みが本日発表された。これは、mixi内にソーシャルコマースサービスを立ち上げて運営していくというもので、具体的には明らかにされていないが、複数のテナントをつのったコマースサイトがmixi内に提供されるというものだろう。3月下旬からのスタートとなっている。

mixiはmixiタウン構想の名のもとに、mixiのサービスを現在拡充しているが、これはそのうちの1つサービスになるようだ。一方、DeNAは現在はソーシャルゲームの企業としての色合いが濃いが、そもそもはビッダーズのようなコマースビジネスからスタートしているし、現在のモバイルビジネスの基礎を築いたのはモバオクでもある。そして、ペイジェントのような決済代行のサービスも持ち合わせているので、コマース企業とも言えなくもない。

なお、すでにHMVやローソンチケットを運営するローソンHMVエンタテイメント、このほかサンリオ、セシルマクビーの参画が決定していて、今日からこのほかの一般の店舗を募集するようだ。

mixiは以前にはmixiクリスマスやmixi年賀状などの外部のパートナーとのソーシャルサービスを提供しているが、コマース事業はこれが最初となる。