timekiwi
Overblog
ebuzzing
blogging

欧州最大規模のブログプラットフォームを提供するOverBlog、流行りのタイムライン作成サービス「Timekiwi」を買収

次の記事

超簡単ブログ作成ツール:秒単位でのマイクロブロギングを可能にするCheckThis

timekiwiヨーロッパのテック系企業が、パロアルトの企業に買収されるというのなら普通だろうが、たまに逆のことがある。たとえば本日、ヨーロッパ最大級のブログプラットフォームを展開しているOverBlogが、Timekiwiを買収した。Timekiwiというのは、ソーシャルメディアへの投稿に基づいた「タイムライン」を作成してくれるツールだ。comScoreによれば、OverBlogの方には3200万のユニークユーザが存在するそうだ。

買収にあたっての詳細については明らかになっていない。OverBlogによれば2012年夏までにTimekiwiの機能をブログプラットフォームに統合して展開する予定にしているとのことだ。

よく知らないという方のために記しておこう。Timekiwiを使えばTwitter、Facebook、Instagram、Foursquare、Flickr、Tumblr、そしてもちろんOverBlogからのデータを使ってタイムラインを作成することができる(Facebookの新機能であるTimelineとは無関係)。

パロアルトに拠点をおくTimekiwiの設立は2010年で、秋にサービス提供を開始していた。しかし今日まで注目を集めることはなく、利用者数も5000名程度に留まっていた。OverBlogのファウンダーであるFrederic Montagnon(OverBlogの親会社であるebuzzingのDirector of Strategyも兼務)によると、今回の買収はTimekiwiの利用者を獲得するという意味ではなく、Timekiwiの技術を取り込みたいと考えてのことだと述べている。またTimekiwiのファウンダーであるMiha RebernikおよびRobert FarazinはOverBlogの一員とはならず、いわゆるAcqui-hireを目的とした買収でもない。

Ebuzzingの方はWikioから改名をして、2011年8月には2500万ドルの資金を獲得している。Montagnonによると売上は2010年に1500万ドルで、2011年にはほぼ倍になったとのことだ。2012年にはさらに倍にしたいと考えている。

OverBlogは同ブログプラットフォームで採用するために、Timekiwiと同様の機能を開発してきていた。しかしTimekiwiをみて自社開発を停止することとした。今夏にはOverBlogの新機能としてTimekiwiを統合する予定にしているそうだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)