ebook reader
BookPlace

東芝、Androidベースのカラーeブックリーダー、BookPlace DB50を発表

次の記事

Google+、13歳以上に開放―各種安全措置も追加される

Picture 2

富士通に続いて日本の有力家電メーカーがカラーのeブックリーダーを発売することを発表した。東芝によれば、このBookPlace DB50は、7インチの液晶デバイスで、東芝の専用書籍マーケット、BookPlaceストアの4万3000タイトルの書籍、雑誌にアクセスが可能だ。

東芝ではeブックのタイトルを3月までに10万にまで拡大したいとしている。実現すれば日本の電子書籍ストアとしては最大となる。BookPlaceはアメリカでは2010年にオープンしている。

デバイスは大幅に改造されたAndroid 2.3.4をベースにしている(東芝では単にLinuxと呼び、詳細を明らかにしていない)。

スペックは以下のとおり。

  • 7インチ、カラーTFT LCD、600×1,024、LEDバックライト、タッチスクリーン
  • Freescale i.MX535 CPU(1.0GHz)
  • 8GBメモリ
  • 1GB RAM
  • IEEE 802.11b/g/n Wi-Fi
  • 5ボタン: HOME、MENU、BACK、CONTINUE、VOLUME
  • Bluetooth 2.1
  • micro USB 2.0スロット、microSDスロット
  • モノーラルスピーカー(MP3再生可能)
  • バッテリー駆動時間7.5時間
  • サイズ、重量: 190×120×11mm、330g

Bookplace DB50の日本市場への出荷は2月10日が予定されている。価格は2万2000円前後と見られるが、購入者全員にBookPlaceストアで利用できる5000円のクーポンがついてくる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+