今度はDeNAがグリーを提訴。両者の争いは泥仕合の様相に

次の記事

Microsoftが世界のスタートアップを支援―6万ドル分のAzureサービスを無料提供

もう誰もが知るところだが、DeNAとグリーは犬猿の仲以上の関係である。一昨年に報じた例の一件は、それが表面化したにすぎないが、その後、この件に関して公正取引委員会から排除措置命令をが行っている。が、昨年11月21日にはグリーはDeNAが公正取引委員会の排除措置命令にしたがっていないといった理由から新たに訴訟を起こしていた。そして、今日、今度はDeNAがグリーに対して新たに訴訟を起こしたと発表した。それは、昨年11月21日のプレスリリース文面および、その後の田中良和氏の発言(DeNAが違法行為をしているということ)が問題ということだ。

以下がDeNAが発表した提訴の内容である。

当社は、本日、グリー株式会社及び同社代表取締役社長田中良和氏に対して、不法行為等に基づく損
害賠償及び謝罪文の掲載等を請求する訴訟を提起しましたのでお知らせします。
グリー株式会社によるプレスリリース文面(2011 年 11 月 21 日)及び田中良和氏の各所での多数の発言
において、当社が違法行為を行っているかのような指摘がなされたことに対する法的措置です。
当社の主張は今後訴訟の場において明らかにしていきます。

売られたケンカは買うといったところだろうか。両者の競争は今も続いているが、これに右往左往しているのは、大きな影響力を持った両者の周りにいるパートナー企業たちだろう。

今週・来週は両者の決算発表もあるから業績と絡めて、両者のさらなる比較がニュースとして続くだろう。本当は両者ともに国内でこんなことやっているよりも、早く海外のビジネスが立ちあがるのが先決なのだが、当面このつばぜり合いは続くのだろう。