infographic
データ(用語)

Facebookのメディアストレージを視覚化する: 100ペタバイトとはどんな大きさか?

次の記事

MVFはあなたのいちばん価値あるTwitterフォロワーを見つけてくれる–次はFacebookの友だちも

fb-photos

今や、今週のベストセラーならぬベストリーダーになってしまった文書といえば、FacebookのIPO申請書だ。それによると同社は現在、8億4500万人のユーザがアップロードしたメディア(主に写真やビデオ)を合計100ペタバイト以上保存している。“100ペタバイト”で驚かない読者のためにこの申請書は、それは“100クァドリリオンバイト”に相当する、と説明している。

Facebookさん、あんたちょっと、自慢しすぎよ。

この数字は、データ管理と個人化技術について詳述している箇所に書かれている。それは申請書類の中の技術的な部分で、Facebookの内製技術に焦点を当てている。たとえばデータの保存とサービングを効率化するのがHaystack、Hadoopをベースに構築したデータウェアハウス用のインフラApache Hive、PHPのソースコードを高度に最適化されたC++のコードに変換するHipHopなどだ。

でも100ペタバイトは大きすぎるので、どれぐらい大きいのかを理解するのも難しい。そこで本誌編集部はちょっとしたブレーンストーミングを行い、その結果に基づいて本誌ライターの一人であるBryce Durbinが、巧妙なインフォグラフィックを作成した。それは、Facebookのメディア保存量を視覚化するためだ。Facebookのユーザの写真やビデオを、ノートパソコン用のふつうの320 GBのハードディスク(厚さ8ミリメートル)に入れて、それらを縦に重ねるとその高さは、世界でもっとも高いビルの数倍になる。

ぶったまげたわ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))