歩きながらメールチェックしてもドブに落ちないですむ―‘Transparent Screen’は画期的Androidアプリ

次の記事

2011年Q4のランキング1位はiPhone 4S、しかし新規購入者が選んだのはAndroid

transparentscreen

以前私はスマートフォンをのぞき込みながら道を歩いている人をみかけると眉をひそめたものだった。しかし必要に迫られて私にもそういう習慣がついてしまった。しかしTransparent Screen〔透明スクリーン〕という新しいアプリのおかげで、私はどうやら蓋の開いたマンホールショッピング・モールの噴水に落ちなくてすみそうだ。

ここに掲げた写真はフォトショップで細工したものではない。このアプリを起動すると多かれ少なかれこういうふうに見える。「多かれ少なかれ」というのは、このアプリは起動後さまざまに透明性を設定できるからだ。自身の安全のためにも、設定オプションを先に研究しておいたほうがいい。使い始めるとじきにそれが必要になるからだ。

ジョギングしながらテキストメッセージをやり取りするのが趣味なら(私はそんなことはやらないが)、前向きカメラの解像度を下げて、画像の揺れを最小限に抑えるのがよい。自然を愛でつつのんびり散歩しながらツイートするのであれば、解像度を上げた方がよいだろう。

Android Policeはこのアプリの問題点として、いろいろなアプリごとに最適の設定を見つけるのが大変だということを挙げている。しかし私の考えではそれはまったく問題にならない。このアプリは時折必要に迫られて、どうしても歩きながらメッセージをやり取りしなければならないときだけ使うものだ。常時オンにしておいていけないという理由はないが、バッテリーが見る間に減っていくのは覚悟しなくてはならない。

興味が湧いたらAndroid Marketへ。Transparent Screenは無料アプリだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+