TV / テレビ(用語)
cord cutters
Cable TV

アメリカの世帯でケーブルTVの解約増加―視聴方法は大幅に多様化(Nielsen調べ)

次の記事

Cinemagram―1枚の写真中にGIFアニメを埋め込むiPhoneアプリ登場

cross-platform-viewing-chart

アメリカの家庭のテレビの視聴方法についてNielsenが調査した最新のデータによると、「ブロードバンド接続あり、テレビは無料放送のみ視聴」という家庭の割合が増加傾向にある。このグループのシェアは全テレビ保有世帯の5%に過ぎないが、昨年と比べると22.8%も増加している。

この「ブロードバンド接続あり、テレビは無料放送のみ視聴」世帯では、一般世帯と比較してテレビ番組の視聴時間が半分、ストリーミング・ビデオの視聴時間は2倍となっていた。

「無料放送のみ」の世帯ではテレビの1日当たり平均視聴時間は122.6分、ストリーミング・ビデオの視聴時間は11.2分で、ケーブルその他有料サービスを併用している世帯ではテレビが265.5分、ストリーミングが5分となっていた。

しかしどの種類の世帯でもストリーミング視聴時間は一番短い連続コメディーの放送時間にも満たない。つまりインターネット視聴は従来のテレビ視聴を置き換えるような方法ではなく、補完するもののようだ。

いずれにせよ、全体的にみると、テレビ保有世帯でテレビかインターネットのどちらかの利用を完全に止めるという例はほとんどない。アメリカのテレビ保有世帯の大多数(90.4%)は何らかの形でテレビの有料視聴契約を結んでいる。4分の3(75.3%)は有料ブロードバンドを利用している。この数字は景気が悪化してもほとんど変化していない。それどころかブロードバンドと有料テレビの双方を契約している世帯の割合は昨年に比べて微増(5.5%)している。

テレビの視聴形態に影響を与えているのはインターネットだけではない。Nielsenの調査によると、2008年の第3四半期から2011年の第3四半期にかけて、タイムシフトでテレビ番組を使用するユーザー数は65.9%増加、モバイル・デバイスでの視聴は205.7%増加している。同じ期間にインターネットでテレビを視聴するユーザー数の増加は21.7%にとどまった。こうした調査の意味するところは、テレビの視聴形態の変化は「居間のテレビセットからノートパソコンへ」というような単純な置換えにはならないということだ。現在、テレビの視聴方法は格段にバリエーションが豊富になっている。アメリカの家庭ではそれぞれ自分たちに適した方法のミックスを選んでいるのだと思われる。一つの世帯のメンバーでもミックスの仕方は大幅に異なるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+