自作小説をアップロードして、読者とのインタラクティブな関係を楽しむWattpad。読者数増も順調で月間10億分のサイト滞在時間を達成

次の記事

Android版Google Chromeに注目集まる――先週の記事ランキングトップ10

wattpad chart

Wattpadは、自作の小説などを公開して読者とインタラクティブな関係を楽しむためのサービスだ。このWattapad、徐々に人気が高まり、1月にひとつの大台をクリアしたらしい。すなわち、利用者がWattpad上で過ごす時間が、月間10億分に到達したのだ。ちなみにこのWattpadにはUnion Square Venturesが出資している。

共同ファウンダー兼CEOのAllen Lauがメールで話してくれたところによれば、新規の利用者獲得と、その利用者たちによる利用時間増がバランスよく成長に寄与してきたとのこと。そして今ではウェブからの閲覧者はセッションあたり30分を過ごし、そしてAndroid端末からの利用者も平均で28分を過ごすそうだ。

Lauは「これからは新規利用者を増やしていく必要があるでしょうね」と述べる。たとえばAndroid利用者がセッションあたりで過ごす時間を見ても「もう限界に達しているのではないかと思うのです(1日は24時間しかないのですから)」とのこと。

尚、当然のことなのかもしれないが、アクセス元はモバイル端末からの方が多いのだとこと。1月の滞在時間10億分のうち、3分の1はウェブ経由だが、残りのうち3分の1がAndroid、そして20%がiOS端末からなのだそうだ。そして残りもBlackBerryやWindows Phoneなどの携帯デバイスからなのだとのこと。

今回の数値発表に伴い、他にも成長の証として発表された数字がある。すなわちコンテンツのアップロード数だが、1月には300,000本の作品がアップロードされたのだそうだ(現在合計での作品数は320万本となっている)。作品あたりの平均ワード数を積み上げれば、1月にアップロードされたワード数合計は40億ワードになるのだとのこと。これはすなわち「ロード・オブ・ザ・リング」トリロジー換算で8,856セット分になる数字なのだそうだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)