OS X Mountain Lion
os x
Messages

新OS、Mountain Lionに先駆けてAppleが新しいメッセージ・アプリを一般公開(ベータ版)

次の記事

フリーのライターが購読料を稼げるScripted.com, 投資家にも人気で今度は$150Kを確保

messages

今日(米国時間2/16)デベロッパー向けに公開されたMac OSの新バージョン、Mountain Lionを一般ユーザーが使えるようになるまでにはあと数ヶ月かかるようだ。しかしその機能の一部が早くも公開ベータテストに供された。

先ほど、Appleは改良されたメッセージ・アプリ、Messagesを公開した。ただし、OSX App Storeにではないので注意が必要だ。

Messagesはベータ版なので、興味があるユーザーはAppleのウェブサイトからダウンロードすること。もう一つの注意点は、このバージョンのMessagesは現在適用可能なアップデートをすべて適用したOSX Lionを搭載したMacでなければ作動しないことだ。

新MessagesはiChatをほとんど完全に置き換える。ただしAppleではiChatサービスは今後も継続するとしている。Messagesはほとんどすべての主要なメッセージ・プロトコルをサポートしているが、今回の最大の改良はiMessagesとのシームレスな連携機能だ。Macから開始されたiMessageによる会話は同一のApple IDで登録されたすべてのiOSデバイスにそのまま引き継がれる。つまりさまざまなAppleの製品を持つユーザーが製品を自由に切り替えながら会話を継続することができるわけだ。

また新Messagesを利用するとMacとiOSユーザーの間でこの上なく簡単にマルチメディア・コンテンツのやり取りができる。写真やビデオを会話中にドラグ&ドロップするだけであっという間に相手に伝わってしまう。またMessagesアプリ中からFaceTimeによるビデオチャットを開始することもできる。ただしThe Vergeによると、FaceTime自身は依然として別個のアプリであるようだ。AppleがMessagesにSMSのサポートも含めてくれると嬉しいのだが、まだ現在はベータ版でもあり、将来に期待を寄せることにしよう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+