Facebookが世界に先駆けて日本で災害用伝言板機能を公開

次の記事

砂糖水を称賛するのはやめよう

いまプレスリリースが送られてきたのだが、Facebookが世界に先駆けて日本国内の利用者向けに災害用伝言板機能を公開したと発表した。これは大規模災害が発生した際に、自分の無事を報告して、友人がそれを確認できるようにしたものだ。

これは災害時に利用になる機能で、PC、スマートフォン、フィーチャーフォンから英語と日本語で利用できるようにするという。実際には災害時にはこのURL(http://www.facebook.com/about/disaster)で利用できるようになるが、災害時のみなので現在確認したところこのURLでは何も表示されなかった。(訂正:TechCrunch JapanのオフィスがあるAOLは米国オフィスのネットワークに直接つながっているため、日本からのアクセスだと認識されずにこのURLが表示されなかったので何も表示されなかったと記載してしまった)。詳しくはこのURLを見て欲しい。

Facebookではこの機能のユーザーの理解とアクセス集中時の動作確認のために明日から29日まで日本国内でこの機能のテストを実施するという。このためFacebookのログイン後のニュースフィードのページの最上部に災害用伝言版ページのリンクが表示されるという。Facebookではこの機能を試して欲しいとしている。

まもなく3月11日を向かえることになるが、あのときの状況を考えると、こういった災害対策はいくらあっても無駄ではない。明日は僕もこの機能を試してみることにする。