makibox
makible

300ドルで買える3DプリンタMakibleキット

次の記事

Android 4.0の話はもう十分。2012年秋にはAndroid 5.0がやってくる!?

MakiBoxはオープンソースの3DプリンタRepRapの、プリントヘッドとモーターを用紙サイズの箱に収めた製品だ。そのキットの値段は350ドル、完成製品なら550ドルだ。

作者はJon Buford、香港に住む有名なハードウェア発明家で、この前はちっちゃくてかわいいAndroidのヘッドフォーン用延長コードで名を上げた。中国に彼のハッカースペースがあり、プロトタイプを作る作業所も中国本土にある。

彼のサイトMakible.comは、ハードウェアプロジェクトのために資金を集めるKickstarter的なサイトだ。今回のプロジェクトは資金が十分にあったので、製品の完成度は高いだろうし、RepRapを使っているからハードウェアとソフトウェアの情報が十分に公開されている。でも、デスクに乗るような3Dプリンタを、われわれは必要とするだろうか? そのうち、と言うのなら、それはいつのこと?

プロジェクトのページ

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))