Pinterestがサイト誘導率でTwitterを上回った(調査結果)

次の記事

Angry Birds、いよいよ宇宙に進出―3/22リリース(デモビデオ)

これは一大事。

オンライン共有ツール、Shareaholicの最新調査によると、Pinterestのサイト誘導率がTwitterを上回った。そう、サイトへのトラフィック誘導に関していえば、今や「Pinterest > Twitter」だ。

データは、20万のパブリッシャー、月間総ユニーク訪問者数2.7億人の分析に基づいている。

つい先月Pinterestが、Google+、YouTube、およびLinkedInの〈合計〉をサイト誘導率で抜いた時もビッグニュースだったが、Twitterといえば、短縮URLとリアルタイムで要点を捕えた情報フローで共有ネットワークの事実上の標準として君臨しているサービスだ。

それでもPinterestは、1月から2月にかけてサイト誘導率を0.85%から1.05%へと上げて追い抜いた。次の目標はFacebookとStumbleUponだ。そして、Pinterestが未だに招待制だということを忘れてはならない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)