Google Maps APIの有料化はGoogleにとって凶と出るだろう

次の記事

あなたのAmazon AWSの使い方は無駄が多くないか–詳細な分析と問題指摘を提供するNewvem

Google Maps Goes The Wrong Way

Googleはこれまで、Mapsのような副次的な製品について、それらがスタートアップたちのGoogleへの好意を喚起し、自社製品への新たな露出を作りだすことで満足していた。しかしこれからは、これらの製品も経済的に自立させたいらしい。手始めに同社は、MapsのAPIを大量に使うユーザへの課金を開始した。FoursquareやAppleは、Googleへの依存を減らすためにOpenStreetMapへの切り換えを進めている。

しかしこのささやかな売上増進策は、今後のマイナスのほうが大きいかも知れない。OpenStreetMapのユーザは、自分が行った地図データの改良や拡充を寄贈することになっているから、やがてGoogle Mapsをしのぐかもしれない。GoogleのAPIと次に縁を切るのは、どこだろう? Yelpかもしれない。いずれにしてもGoogle離れは、スタートアップたちのあいだでトレンドになりそうだ。

Google MapsのAPIはこれまで無料で、それによりGoogleはMapQuestやYahooの人気を奪おうとしていた。しかし3月からは、1日のページロード数25000までは無料、それを超えるぶんについては1000ロードにつき4ドルが課金される。また、企業向けの有料バージョンも提供される。FoursquareAppleはGoogle Mapsを離脱し、ほかの大企業もそれに倣うだろう。たとえば最近公開企業になったYelpは、投資家に迫られて無料の地図APIに乗り換えるだろう。

今回のGoogleの決定と地図業界全般に関する、優れた分析記事が今朝のDigtal Trendsに載っている。それによると、FoursquareはOpenStreetMapから取り出したデータを、MapBoxを使って改良している。またAppleは、C3 Technologiesなどの買収企業を使って地図の3D化に取り組むかもしれない。

ここから、Googleの長期的な問題が芽生えて育つ。OpenStreetMap(OSM)はどれだけ使っても無料だが、ユーザがデータに対して行った独自の改良はOSMに還元しなければならない。たとえば、誰かが衛星データなどを使って地図上の情報をより詳細にしたら、ユーザ全員のマップにその結果が反映される。大口の地図ユーザがOSMにどんどん移行していけば、改良のペースに加速度が付き、雪だるま式に利用価値を増すだろう。

今最良の地図はGoogleだが、これからはその地位も危ういかもしれない。クラウドソースのWikipediaがそれまでの百科事典の王座を奪ったように、地図に関しても同じことが起きることがありえる。無料でGoogle Maps APIを使っている小規模ユーザもOSMに乗り換えるようになり、しかもユーザにはそのほうが好評だったりする。Googleの未来ともいえるAndroidが危うくなる。Googleは本命の検索と広告で多様なそして十分な収益化を図れるはず。Google Maps APIへの課金は、失策ではないかな。

〔訳注: この問題に重大な関心のある方は、原文のコメントを読むことをおすすめします。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))