SXSW2012
Facebook
BandPage

50万のミュージシャンが利用中のFacebookストリーミング・アプリ、BandPageがタイムラインに対応

次の記事

Instagram、登録ユーザー2700万人突破。Androidアプリも近く公開

BandPage Half A Million Artists

BandPageはFacebookのトップ・アプリの一つだ。ミュージシャンはこのアプリを使ってファンのためにプロモーションが行える。BandPageで作成されたミュージシャンのFacebookページは50万以上に上っている。6ヶ月前には25万だったから急成長といってよいだろう。ミュージシャンもプロモーション・ツールをスタンドアローンのウェブサイトやMySpaceからFacebookにシフト中だ。ファンの滞在時間がFacebookが一番長いのだから当然の流れだろう。

今日(米国時間3/12)、BandPageは、ファンがお気に入りの曲を選んでクリックするだけでFacebookのタイムラインとティッカーフィードで友だと共有できる機能を追加したことを発表した。

ティッカーで共有される機能はSpotifyの人気を大きく高めるのに役だったが、BandPageの成長にも非常に有効だろう。

BandPageは以前はRootMusic BandPageだったが最近GGV Capitalからの投資を機に現在のシンプルな名前に変更した。そういえばGCVがSavage Beastに投資した後、このサービスはPandoraと改名した後で大成功している。BandPageはこれまでに1830万ドルの資金を調達している。

このベンチャー資金と、月額2ドルのプレミア会費のおかげでBandPageは今年のSXSWには力を入れて出展している。オースティンの中心部のクラブを借りきって派手にレーザー光を飛ばしながら10日間ぶっつづけで毎夜コンサートを開くという。

また今日のアップデートでBandPageにはタイムラインのプロフィール欄を広げたり、ファンが、いつどこのコンサートに行く予定かを投稿できるようするなどいくつもの改良が加えられた。.

AppDataによればBandPageを訪れるファンは月間2790万人、1日当たり平均87万人だという。実はFacebookページのタイムライン化が実施される前の数字はこれより高かった。これはタイムラインかにともなってミュージシャンのサイトの管理者は「いいね!」を押さないと先に進めないデフォールトのランディング・ページを作れなくなったためだ。またFacebookにSpotifyの音楽ストリーミングが導入されたことも影響している。

BandPageはReverbNationのBand Profileや最近登場したTracks.byのようなライバルを退けるためにも改良の手を休めるわけにはいかない。しかし十分な資金の調達に成功しているBandPageは成長の可能性で一歩リードしていると思われる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+