Twitter、プロモツイートをモバイルに拡大―広告主はユーザーの関心、デバイスをターゲットにできる

次の記事

Googleアナリティクスにソーシャル広告キャンペーンの費用対効果を分析する強力な機能が追加される

Twitter Advertising

数週間前にTwitterは広告プロダクト(プロモアカウントとプロモツイート)をiOSとAndroidのモバイル・プラッtフォーム向けに新しく提供すると発表した。発表当初、プロモツイートはブランドのアカウントをフォローしているユーザーの一部に表示されるだけだった。今日(米国時間3/20)、Twitterは広告主により広いターゲットを選択肢として提供すると発表した

モバイル版プロモツイートはタイムライン中にも検索結果にも表示される。検索結果ではプロモツイートは画面最上部に固定表示されるが、タイムライン中ではトップに固定されない。新しいツイートが投稿されるたびに他の投稿と共に順位が下がり、やがて表示されなくなる。またユーザーはスワイプしてプロモツイートを消すこともできる。

Twitterは今日の発表で「ユーザーの新しい広告に対する反応は好意的だった。 われわれはこのプロモツイートをモバイル版にも拡大することにした。ブランド・ユーザーは今後、プロモツイートをブランドの直接のフォロワーだけでなく、同様の関心を持つ他のフォロワーにも表示することができるようになった」と説明している。

ブランドはキャンペーンの対象としてデスクトップ、ノート、iOS、Androidなどデバイスの種類を指定することができる。こうしたオプションが追加されたことはモバイル広告の効果を上げるうえで有効だろう。広告主にとっては歓迎すべき改良といえそうだ。

CEO、Dick Costoloは去る1月に、「Twitterの広告ビジネスは成長しており、プロモツイート、トレンド、プロフィールに対するエンゲージメント率はウェブで上位にランクされる」と述べた。今回のオプションの追加はモバイルでもデスクトップ同様の高いエンゲージメントを確保することに寄与するだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+