Webサイト上のユーザの“動線”を分析するMixpanel Flow–無料で提供開始

次の記事

Google、従業員満足度で初めてFacebookを上回る(Glassdoor調べ)

mpflow-presshero

アクセス分析のMixpanelが今日(米国時間3/22)、新製品Flowを立ち上げる。これは、ユーザが自社のWebサイトをどのように動き回っているかを視覚化してくれる。協同ファウンダのSuhail Doshiによると、FlowによってMixpanel自身が、同社のサイトのログインにまつわる、あまりにもよくあるタイプの問題を解決できたそうだ。

Doshiが昨日、デモを見せてくれた。Flowを使うと、Webページへのビジター全員がシンプルなフローチャートで表示され、サイトを去るまでに彼らがクリックしたページも分かる。さらにその下のページをクリックすると、そのページのビジター情報が表示される。

Doshiによると、Mixpanel Flowにはそのほかのフロー視覚化製品にない大きな利点が二つある。ひとつは、データがリアルタイムであること。つまり今人びとがどのページを見たりクリックしたりしているかが分かる。前日の結果、等ではないから、サイト/ページに加えた変更の結果もすぐに分かる。第二は、シンプルできれいであること。Doshiはスライドで、Google Analyticsのフロー視覚化ツールやそのほかの競合製品とMixpanelの比較を見せてくれたが、他社製品は複雑な技術的図表が多くて、Mixpanelのフローチャートのように分かりやすくない。Doshiはそれらの製品を酷評して、“古くて、ださい”と言う。

Mixpanelは自社サイト上のユーザアクティビティを分析するためにFlowを使っている。そして発見したのは、ログインページに何度もやってくるユーザの数が多いことだ。彼らはおそらくパスワードを忘れたので、ほかのログイン方法はないかと、何度も訪れてみるのだが、でも決して、”forgot your password?”(パスワードをお忘れですか?)オプションは使おうとせず、最後にはギブアップしてしまうのだ。

Doshiはいろいろ調べて、それがWeb全体に共通する問題だと知ったが、Facebookはそれをうまく解決していた。そこでMixpanelも、Facebookの真似をすることにした。ログインに二度失敗して”forgot my password”をセレクトしなかったユーザには、自動的にログインしてパスワードを変更できるページのリンクを、メールで送るのだ。

Flowは無料で使えるが、Doshiは、ユーザ企業の一部がMixpanelの有料製品を使う気になってくれることを期待している。またモバイルに関してもアクセス分析を提供しているので、Flowのモバイルバージョンも近く提供する予定だ。

〔関連記事: (1)、(2)。〕

flow screenshot

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))