ギークガールが見たザッカーバーグ

次の記事

ブルックリン発のSpotlessCityは家から出ずにクリーニングが頼めてしまう優れもの

編集部注:この寄稿記事はユーザーローカルで働き、個人でソーシャルマネー管理アプリのZaimを開発する閑歳孝子氏(@kansai_takako)によるものだ。彼女はすでに話題となっているフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグが登場したMobile Hack Tokyoに参加していた。その模様をお伝えしてもらおう。なお、彼女は大学卒業後、新卒で日経BP社で記者をしていた正真正銘のプロのライターでもあった。

「ここでスペシャルゲストをお呼びしましょう。フェイスブックに、モバイルに、開発者に深く貢献してきた人物。そして彼自身がハッカーでもあります。そう、マーク・ザッカーバーグです」。司会者の言葉が終わると、舞台の袖からゆっくりとした足取りでパーカー姿の男性が壇上に登った。彼は、まぎれもなくマーク・ザッカーバーグ本人。あまりに大きなサプライズに一瞬の静寂があった後、会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれたーーー。

これは昨日3月29日に開催された、フェイスブックの開発者向けイベント「Mobile Hack
Tokyo
」の一幕である。すでに多くの報道があるように、現在フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグCEOが日本に滞在中である。しかし事前にまったくニュースが流れていなかったため、参加者全員が驚きのあまり言葉を失ったのだ。

筆者はいちエンジニアとして、たまたまMobile Hack Tokyoに参加していた。そして幸運にもザッカーバーグ氏と握手をし、わずかな時間ではあったが言葉を交わす機会を得た。

間近で見たザッカーバーグ氏の印象は、「ニュース記事や書籍で読んだ以上にフランクな青年」というものだった。

Mobile Hack Tokyoは約150人のエンジニアが参加した、フェイスブック主催としては最大級の技術系イベントとなる。ザッカーバーグ氏が登場したのは、各々がフェイスブックと連携するモバイルアプリを開発している最中だった。筆者たち参加者には、スタッフから「このまま座って作業を続けていてください。マークはすべての席を回ってきますから」と声をかけられた。事実、ザッカーバーグ氏本人が参加者に近づき「やぁ、はじめまして!」と話しかけ、握手をして回っていた。そして「何を作っているの?」とコードが書かれたディスプレイを興味津々に覗き込んでいた。筆者はフェイスブックのオープングラフという仕組みを使って、友達同士で健康管理を競争する小さなサービスを実装しているところだった。そのアイデアを話すと「面白そう、出来上がりが楽しみだ」と答えていた。交流時間は全体で30分たらずだったものの、ザッカーバーグ氏は会場全体を一周し、多くのエンジニアとアイデアを共有していたようだ。

そして筆者が目にしたところでは、ザッカーバーグ氏がフランクなのは、イベントの参加者に対してだけではなかった。フェイスブック社員に「すごく久しぶりだね、元気かい?」と肩を抱き合って話していたり、談笑の輪にいる時も他の社員と同じ距離感にいるように見て取れた。壇上でスピーチしているよりも、机を並べて仕事をしている方が想像できる。そんな近さを感じさせる人物だった。

もう一つ印象的だったことがある。会場の出口には一枚のホワイトボードが設置されており、参加者たちが自由に名前やメッセージを書き残せるようになっていた。ザッカーバーグ氏も退出する際に名前を書いていたが、その大きさが大変小さく、どのサインよりも目立たないものだった(写真・ホワイトボード上部の青い文字)。創設した会社のイベントにサプライズで登場し、大きな歓声を持って迎えられたのにもかかわらず、である。自分自身が目立つことや上下関係にはまるで興味がないのではないか、と筆者は想像した。

ザッカーバーグ氏はスピーチにて「モバイルアプリもソーシャルになっていく。この流れは間違いない」と力強く断言していた。その言葉が発せられたのとほぼ同時刻に、ソフトバンクの孫正義社長がフェイスブックページ始めたことを発表した。急速にフェイスブックの裾野が広がりつつある日本。モバイルだけでなく、フェイスブック自体の普及と進化が加速しそうだ。

(編集注:下のビデオはザッカーバーグ登場のシーン)