スチュワート・ブランド:イノベーションを語る(ビデオ)

次の記事

コンシューマーリポート誌、新iPadの発熱は「心配に及ばない」


デジタル・コミュニティーでスチュワート・ブランドに勝る伝説的人物は殆どいない。ホール・アース・カタログThe WellThe Long Now Foundationの熱気あふれるファウンダーであり、カウンターカルチャーとサイバースペースをほぼ独力で結び付けた男だ。だから、先週バークレーで行われたThe Economistイノベーションに関するすばらしいイベントで、彼をインタビューする機会を得たことに私は心から感動した。スチュワートには、贈与経済の起源、ヒッピーはどこで道を誤ったか(セックス、家族、および楽観)、なぜ米国と欧州が臆病になり、今やあらゆるイノベーションが南からやってくるようになったか、について話を聞いた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)