Androidユーザーに朗報―iOSで3000万ユーザーを獲得している人気カメラ・アプリ、Instagramがついにやって来た

次の記事

FacebookのタイムラインでUstreamビデオのリアルタイム共有が可能になる

Screen Shot 2012-04-03 at 2.30.59 AM

グッド・モーニング! Androidユーザー諸氏にとってはことに素晴らしい朝になりそうだ。というのも、大人気の写真共有アプリ、InstagramがついにAndroidマーケットに登場したからだ。

説明などどうでもいいから早くダウンロードしたいというせっかちな読者はこちらへ

ビギナー向け解説

ここではInstagramなるアプリをまったくご存知ない読者のために簡単な説明をしておこう。といってもこのアプリは非常にシンプルでUIが驚異的によくできているから心配はいらない。Instagramアプリを開き、下部中央のカメラアイコンをクリックして写真を撮るか、スライドが重なっているアイコンからライブラリを開いて写真を選ぶ。写真がアップロードされるとInstagram内で動かしてトリミングできる。構図が決まったら左側の太陽のアイコンを押すとLux機能が起動する(Camera+の明瞭度と似たような機能でコントラストを強化がされる)。

また写真を選択した後で縁取りを入れたり回転したりできる。ナビゲーション・バーのトップからナビゲーション画面を消すことができる。スクリーンの下部にはInstagramをかくも有名にしたフィルターのアイコンがずらりと並んでいる。SFっぽいValencia、Sutro、Brannan、そして私(だけでなく多くのユーザー)がいつも使っているのはX-Proだ。いろいろ試してそれぞれの自分の好みのフィルタを見つけて使えばよい。

公開する写真が決まったら緑色のチェックマークをクリックする。アプリが写真の説明の入力を促してくるから、適宜入力する。検索しやすくするためにTwitter方式でハッシュタグを付けることもできる。ジオタグで位置情報を付加することも可能だ。共有方法にはTwitter、Facebook、Tumblr、Posterous、Foursquare、それにメールが選択できる〔Flickrも近日中に追加予定〕。‘Doneを’クリックすると、その写真がInstagramのフィードに表示されユーザーのフォロワーに公開される。ホーム・アイコンをクリックすると、自分の写真に加えて自分がフォローしているユーザーの写真を見ることができる。

星形のアイコンをクリックするとInstagramのPopularページが開く。私の写真がこの人気写真ページに載ったことはない。どうやったら載せられるのか知っている人がいたらこっそり教えて欲しいものだ。おそらくフォロワーが多いほど上位にランクされるようなアルゴリズムがあるのだろう(他のソーシャル・メディアも皆そうだ)。つまりわれわれ一般人の写真がここに載るのはなかなか難しそうだ。

ナビゲーション画面には左から家形のホーム、星形のポピュラー、、ハート形のコメントの各アイコンに加えて、右端に何やらカードみたいな四角いアイコンが設置されている。これがユーザー・プロフィールのアイコンで、選択すると自分のプロフィールを編集したりり、他のユーザーをフォローしたり、グリッドあるいは時系列で整理された自分の写真を見たりすることができる。

一般ユーザー向け

私の取材に対してInstagramの共同ファウンダー、Kevin Systromは「InstagramのiOSアプリは公開以後約1年半で3000万ユーザーを獲得した」と語って。Androidが累計で5億回アクティベーションされている(Appleはこれまでに累計1億8000万台のiPhonを販売している)ことを考えると、Instagramが両プラットフォーム合計で1億ユーザーを獲得するチャンスは十分にありそうだ。

Facebookが最初に1億ユーザーを獲得するまでに約4年かかっている。Instagramが世界初の強力なモバイル専用ソーシャル・プラットフォームになる可能性は高い。

〔日本版:モバイル・カメラアプリについてはiOS/Androidでベストのカメラ・アプリはどれだ?も参照〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+