Pinterest(企業)
Ben Silbermann

Pinterestに10億ドル・クラブへの招待殺到―しかしCEOは電話に出ないらしい!

次の記事

さっそく現れたGoogle Project Glassのパロディービデオ〔製品名はGoogle Eyeになる?〕

Screen Shot 2012-04-05 at 12.30.19 PM

現在スタートアップの世界でいちばん忙しい人間は誰だかご存知だろうか? それは疑いもなくPinterestの共同ファウンダーで、今やCEOに就任したBen Silbermannだ。その証拠に(われわれの聞いたところでは)、プロダクトの改良に忙しいあまり、投資家からの電話に一切返事をよこさないのだという。

電話が殺到しているのは事実だろう。私も電話してみたが、Silbermannのボイスメールボックスは空き容量不足で録音できなくなっていた。世界中のベンチャー・キャピタリストがPinterestがラウンドCを実施してくれないものか―そして自分がそこに参加できないものかと熱烈に願っている。そのためにSilbermannに貴重な時間を1分でも割いてもらいたいわけだが、残念ながら彼はこのところ業界の誰とも正式なミーティングをしていないという。

DST、SequoiaBenchmark始め有力投資家は全員がPinterestへの出資を望んでおり、魅力的な評価額を提示する気でいる。彼らがSilbermannに持ちかけようとしている評価額が10億ドルを優に超えるものであるのは間違いない。

Quoraと Instagramdに5億ドルの値札がつくご時勢だから、Pinterestの現在の規模を考えれば10億ドルといっても別に驚くことはない。

Pinterestの前回のラウンドは2億ドルの評価額でAndreessen Horowitzから2700万ドルを調達 した。つまりPinteresting なことに(ダジャレご容赦)、この半年かそこらで評価額が5倍になったわけだ。現在ラウンドCを実施すれば10億ドルの評価額で5000万から7000万ドルを調達することは容易だろう。

希望的観測は別にして、事情に詳しい筋によれば、Silbermannが資金調達を行うことは当分ないだろうという。着実な成長をモットーとする社員28人の企業は3750万ドルの手持ちキャッシュで相当期間やっていけるはずだ。着実といえば、今日、Pinterestはアルバムのカバー写真をユーザーが変更できるようにした。アルバムを開いて「カバーを変更する」ボタンをクリックするだけでよい。

ありがたい。これで私もやっとテクノロジー・ニュースの掲示板からThe Vergeのロゴをお払い箱にできる。

Image Via.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+