Amazon-S3
Amazon Simple Storage Servic

Amazon S3:現在の保管オブジェクト数は9050億。日々10億ずつ増加中

次の記事

パソコンのパイオニア、コモドールのファウンダー、ジャック・トラミエル、83歳で逝去

s3_growth_2012_q1_1

AmazonがSimple Storage Service(S3)の成長度合いを示す興味深いデータをリリースした。2006年から年毎のデータを示すものだ。リリースデータによれば、2012年第1四半期の終了時点で、9050億のオブジェクトが保管されているのだとのこと。そして保管しているオブジェクトに対し、平均的に1秒あたり650,000のリクエストが発生しているのだそうだ。もちろんピーク時のリクエスト数は一層高いものとなっている。少し昔を振り返ってみれば、2年前には保管オブジェクト数は2620億であり、また2011年Q4段階でも7620億ということになっていた。

もう少し昔を振り返ってみた方が驚きもあるかもしれない。2006年には保管オブジェクト数は29億に過ぎなかった。すごいペースで成長を続けているのがお分かりになるだろうか。Amazonによれば、毎日10億以上のオブジェクトが加えられているのだそうだ。少々信じがたくもある数字だ。

ちなみにAmazonは最近になって、オブジェクトを簡単に消去する仕組みを導入している。オブジェクトの期限設定(object expiration)やマルチオブジェクト削除機能(multi-object deletion)などだ。そうした仕組みが稼動しているにも関わらず、オブジェクト数がみるみる増加していることになる。ちなみにオブジェクトの追加はS3 APIAWS Import/ExportAWS Storage Gateway各種バックアップツール、そしてDirect Connectパイプなどを通じて行われている。

ところで上のグラフだが、昨年分までについてはQ4段階のものであることにご注意いただきたい。今年についてはまだQ1のデータしかないので、その段階のものが掲載されている。成長率に衰えが見えているわけではないのだ。今年もQ4段階となれば、今年のグラフもQ1現在のものよりも大いに伸びることになるに違いない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)