今度のChrome OSはブラウザというよりWindowsに似ている

次の記事

大学生諸君、新学期の「すごい時間割」は今日リリースだ

chrome-os-drawing-1

Googleの、ブラウザを主役とするオペレーティングシステムChrome OSに、どれぐらいの人が関心を持っているのか、よく分からないけど、よく分かるのはGoogleがこの企画に非常に真剣であることだ。今日ロンチした最新のデベロッパバージョンは、2010年後期のロンチ以降初めて、そのインタフェイスを大刷新している。

その結果Chrome OSの最新バージョンは、ブラウザとタブだけでなく、本格的なデスクトップとウィンドウマネージャを備えたふつうのOSみたいになっている。ハードウェアアクセラレーションを使っているそのウィンドウマネージャAuraは、Chromeの次世代ユーザインタフェイスのフレームワークで、その公開デビューがChrome OSのこの新たなデベロッパバージョンなのだ。

今回のアップデートは、Chrome OSの、自分の原点からの決別でもある。それまでのChrome OSといえば、ユーザは一度に一つのブラウザウィンドウにアクセスするだけで†、新しいアプリケーションを開くときにはまずそのためのタブを新たに開いてから、起動したいアプリケーションを探した。しかし今度のChrome OSにはLaunchpadのようなアプリケーションランチャーがあり、Windowsふうのタスクバー(Googleはそれを”シェルフ(shelf)”と読んでいる)がある。ただし、アプリケーションはやはりブラウザのタブの中で起動し、単独のウィンドウは提供されない。[†原注: 別々の仮想スクリーンに同時に複数のブラウザウィンドウを開くことはできる。]

要するに今回のChrome OSは、それが挑戦したはずのデスクトップオペレーティングシステムによく似ているのだ。

ある意味でそれは、Googleの敗北宣言のようでもある。Chrome OSがロンチしたときGoogleのSergey Brinは、これまでのPCのオペレーティングシステムは“ユーザを拷問にかけている”と非難した。対してChrome OSが目指すものは、“スピードとシンプルさとセキュリティ”であり、Googleはそれによって“オペレーティングシステムの概念を根底から変えたい”、と彼は言った。でも今度の新バージョンは、機能性を充実させることによってシンプルさをやや犠牲にしている。それは必ずしも悪いことではなく、むしろユーザが慣れ親しんでいるルック&フィールを与えることによって、よりメジャーな浸透を果たせるのかもしれない。

このアップデートの主役はAuraだが、このほか新バージョンにはtar、gz、bzip2によるファイル圧縮機能がある。また、マルチモニタのサポートも、良くなっている。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))