Windows XP
upgrade
statcounter

Windows XPのサポートはあと2年―「そろそろアップデートを」とMicrosoft

次の記事

Facebook、Instagramを10億ドルで買収

Windows XP SP3

Windows XPがリリースされたのは2001年だが、今だに現役だ。セキュリティー関連のアップデートは2014年4月8日まで続く。それまであと2年残っているとはいえ、Microsoftは今日(米国時間4/9)、XPユーザーに対してそろそろWindowsをアップデートとするよう促した

MicrosoftはXPの小売を2008年に停止している。XP同様、Office 2003のサポートも2014年4月30日までだ。そこでMicrosoftはOffice 2003についても8年半新しいOffice 2010に乗り換えるようアピールしている。

だが、依然として何百万台ものXPマシンが稼働中だ。StatCounterの統計によれば、全パソコンの3分の1以上が XPを利用しており、 世界でWindows 7のシェアがXPを上回ったのはやっと昨年の10月になってからだった。XPユーザーの多くは新興国にいるが、先進国でもXPを使う個人や企業はまだ多い。アメリカでさえ、22%がXPだ。

MicrosoftのStella Chernyakは「Windows XPとOffice 2003はその当時としては非常に優れたソフトウェアでしたが、テクノロジーは大きく進歩しています。…企業にとっても個人にとっても現代の進歩したテクノロジーを活用すべく開発された新しいソフトウェアを利用することが利益になります」と呼びかけている。

Windows XP and Office 2003 were great software releases for their time, but the technology environment has shifted. Technology continues to evolve and so do people’s needs and expectations. Modern users demand technologies that fit their personal workstyle and allow them to stay productive anywhere anytime, while businesses have an ever increasing need to protect data and ensure security, compliance and manageability. It is in a company’s – and its employees’ – best interest to take advantage of the modern Windows and Office software that is designed with these needs in mind.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+