門番たちの死:ジェフ・ベゾス、出版界のイノベーションを語る

次の記事

あれはバブルではない、バレーウッドだ

Jeff Bezosのミッションの核心は常に、商業における伝統的な「門番」たちを回避することにある。最初は本だった。破壊の機が熟していた業界だ。そして、そこからあらゆる物へと手を広げた。現時点で、彼のビジョンは現実となっている。書籍販売の古い門番たちはダウン寸前で、エレクトロニクス企業たちは、許容しうる「最低」価格を維持することでAmazonに全てを食い尽くされないよう、すでに共謀を計画している。

しかしAmazonはハングリーで、しかもダニエル・プレインビューのように長いストローを持っている。彼らは世界中のランチを食べるだけでなく、ミルクシェイクも飲み干してしまうだろう。

最近のAppleと出版数社に対する提訴が、Amazonの力を証明している。出版社は自分たちの商品がAmazonの価格で売られることを受け入れず、Amazonは市場を反映する価格で売ることの〈できない〉商品を受け入れようとしない。結局、99セントずつ1000回による1000ドルと、10ドルずつ100回による1000ドルは同じ事だ。Amazonは長い間、紙の出版業界にとって最後の命綱の役割を担ってきたが、この訴訟は、はるかに長い間、アイディアを売ることを棚に商品を送り届けるプロセスえと変えてきた門番たちから、最後に残された敬意の痕跡をも奪おうとしている。以前のCDメーカーたちと同じように、門番たちはあまりに長い間、あまりに実入り良く業界を支えてきたものを手放したくないだけだ。

しかしこれは始まりに過ぎない。その株主宛のレターにBezosはこう書いている。

私がこれらのプラットフォームのセルフサービス的性格を強調するのは、必ずしも明白ではないと私が思う理由によってこれが重要だからだ。善意の門番でさえイノベーションを遅らせる、ということ。セルフサービスのプラットフォームでは、ありえないようなアイディアでさえ試すことができる。それは「そんなの出来るはずない」と言う専門家の門番がいないからだ。そして、そんなありえないアイディアの多くが実際うまくいき、その多様性の恩恵に預かっているのは社会である。

Bezosは決して共感を呼ぶキャラクターではない。彼の会社は大金を稼ぎ、よく考えてみれば彼が零細商店にとってウォルマート以上の脅威であることがわかる。ウォルマートは少なくとも、郊外地域がコミュニティの感覚を維持するのに役立つ。Amazonはブラックボックスだ ― 金を入れる、商品が届けられる。Amazonだけで、家を一歩も出ずに暮らすことができる。十分な忍耐力とそこそこの現金があれば。

しかし、このメンタリティー ― 本や映画を買いに出かける必要もなければ、学生図書交換会で統計の教科書を高く掴まされることもない ― が本当に意味を持つのは、いずれにせよ殆どの会話と商売がオンラインで起きている世界だ。旧式な方法を守るために旧式な方法にしがみつくのは、間違いなく保守的であるばかりか、その人達が守ろうとしているライターやクリエイターにとって自殺行為でもある。

ジョブズ以上に、Bezosは出版業界の破壊に没頭している。WiredのTim Carmodyが「彼は、Appleでも出版社でも誰が行く手を阻もうと気にしない」と書いているが、まさしくその通りだ。彼を狂信者と呼んでもいい、しかしあなたが地元の本屋に行き、間もなくこの心の帝国が消滅しグーテンベルクの大胆な想像力をもってしても予測できなかったものに置き換えられる、と思わなかった最後の日はいつだっただろうか。いや、そもそも地元の本屋に最後に行ったのはいつだっただろうか。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)