Windows 8は3種類に落ち着く, うちひとつはARM機向け

次の記事

ウェブ版ビデオチャットサービスのTinychat、利用者数2000万超となりサービスも収益化

Windows 8 Consumer Preview

Microsoftの今日(米国時間4/16)の発表によると、 結局のところ3種類のWindows 8がリリースされる。Windows8、Windows 8 Pro、そしてWindows RTだ。Windows 8はいちばん基本の消費者向けバージョン、Proは一般消費者が要らない機能…暗号化、仮想化、PCの管理、ドメイン接続など…がある。この二つはどちらも32ビットバージョンと64ビットバージョンが提供される。このほかWindows 8のエンタプライズエディションというものもリリースされるらしいが、お値段等の詳細はまだ発表されていない。

Windows 8 ProはMicrosoftによると、“高度な技術を追求する人びとや、より広範な技術と機能を必要とするビジネス系および技術系のプロフェッショナルの方々向けに”設計されているのだそうだ。

RTエディションはARMのチップを搭載したマシン用で、Word、Excel、PowerPointのタッチ対応バージョンが同梱される。ARMを使ったデスクトップ機でもよいのだが、主なねらいはタブレットだ(Windows 8のそのほかのバージョンはx86のタブレットでもちろん使える)。

今のところ、Windows 8にMedia Centerが含まれるのか、それは不明だ。今日の発表から判断すると、Media Centerがオプションとして提供されるのはWindows 8 Proだけで、それは“エコノミカルな‘メディアパック’アドオンとして利用できる”、というもののようだ。

前述したエンタプライズバージョンは、Windows8 Proの全機能にプラスして、“企業のIT部門がPCの管理、展開、高度なセキュリティ、仮想化、モバイル対応化、などなどのタスクを実行できるための”数々のツールが提供される、という。

まだAppleのシンプルさには及ばないが、Windows 7に比べるとずいぶん整理されたと言える。Windows 7はHome Premium、Professional。Ultimateの3種に加えてエンタプライズバージョン、そしてローエンド機向けのBasicの計5種類がある。

全機能の一覧などは、Windowsのブログにある。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))