ニュース
funding
Evernote(企業・サービス)

Evernote、いよいよビリオンダラークラブ入り―5000万から1億ドルを10億ドルの評価で調達か?

次の記事

企業がきめ細かく配信管理できるメールサーバをクラウドから提供するMailjetがモバイルアプリを

evernote-icon

クラウドにノートを保存するサービスのスタートアップ、 Evernote が巨額の資金調達ラウンドを開始した。

複数の情報源によれば、5回目となる今回のラウンドで10億ドルの会社評価額で5000万から1億ドルを調達するという。ラウンドに参加する投資家の顔ぶれはまだ最終決定していないが、Meritechが加入する可能性は高いようだ。ラウンドはまもなく完了するものとみられる。アップデート:しかしこのラウンドが中止ないし金額が変更になる可能性はまだある。Business Insiderの記事とは違って、いかなる契約にもサインはされておらず、取締役会も意思決定をしていない。

Evernoteはこの資金を現在直ちに必要としているわけではないが、中国始め国際的な展開をさらに推し進めることは視野に入れているだろう。

これまでエンジェル投資およびシリーズAからDまでのラウンドでEvernoteが調達した資金総額は9550万ドルに上る。直近のラウンドは2011年7月に実施されたラウンドDで 5000万ドルを調達した。

アップデート:2011年12月時点で、EvernoteアプリはMac、Windows、iOS、Android、ウェブ・ブラウザ、BlackBerry、 Windows Phone 7などのバージョンが提供され、ユーザーは2000万と発表されている。2010年12月と比べてユーザー数は2倍に増えており、同社の成長の勢いが衰えていないことを示している。投資家の強い関心を集めるのも当然といえるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+