世界を変える(かもしれない)携帯型ホワイトボードの開発者がKickstarterで出資者募集中

次の記事

クラウドでコラボレーションできるビデオ編集サービスWeVideoが$19.1Mを調達

headerホワイトボードというのは、ポータビリティの面以外ではほぼ完璧な存在なのではないかと思うのだ。物理の問題を記述するのにも適しているし、三目並べも紙の上でやるのではちょっと面倒に過ぎる。ホワイトボードを畳んでポケットに入れて運びたい。そう考えたことのある人は多いのではなかろうか。通常のホワイトボードではそんなことは夢のまた夢だ。しかしNoteboardなら、そんな夢を実現してくれるかもしれない。折りたたみ可能で両面が使えるホワイトボードなのだ。これは世界を変える大発明ということになるかもしれない(まあ、たぶんそんなことはない)。

このNoteboard、開くとメモ用紙(Notecard)27枚分の大きさとなる。畳んだサイズ(Notecard一枚分)はポケットにも収まる大きさだ。そしてこのNoteboard、畳んだ際にまとめておくためのバンドと、そしてホワイトボード用マーカー込みで10ドルで提供されるのだという。そんなもの自分で作れるよと思った人も、値段を見て考えなおすことになるだろう。

ウェブサイトに開発者の話も掲載されている。曰く、このNoteboardはタブレットや、あるいは紙のメモ帳のオルタナティブになり得るものだとのことだ。ただ、開発者は言及していないがホワイトボード用インクというのはすぐにかすれてしまう。触れたものが油のようなもので汚れてしまうことにもなる。しかしまあ、繰り返しになるが10ドルだ。いつもノートをとっていないと不安だという人や、いつでも何か書いていたいという人には良いツールだろう。「リーン」ではやった「ピボット」についてのブレインストーミングなどにも使えるはずだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)